日記・コラム・つぶやき

パスポート写真奮闘記

とうとうパスポートを作る羽目になった。
海外出張をすることになったからだ。
あんまり行きたくないのだが、上司命令には逆らえず…。

盛岡市の場合、「アイーナ」の2階に、
パスポートセンターがある。
平日しか書類を受理しないようなので、休みを取って午前中に行った。

銀行によくある順番待ちマシンの紙を引き抜いたが、
すぐに呼び出された。
しかし窓口のお姉さんから「申請書を書いてからにしてくれ」と怒られる。

よく見ると入り口付近に「申請書をこちらでお書きください」と書いてある。
どうも初めてのことになると緊張してしまう。

で、申請書を書いて改めて窓口に必要書類を提出。
「戸籍謄本」(正式には全部事項証明書、と言うらしい)と、
証明写真。

ところが。
証明写真で引っかかった。「これじゃダメですね」。

自分で撮影し、自宅のプリンターで、写真用紙に印刷したものだった。
証明写真撮影機、けっこう高いじゃないですか。

だから自分で作成しようと思って、
一応、10年使うものだし、
クソ暑いさなか、ネクタイをしめて自撮りした。

しかし窓口のお姉さん曰く「画質が悪い」。
デジカメで解像度を高めにして撮影し、写真用紙も使ったのだが、
それでも「粒状感」は否定出来なかった。

ブ◎ザーのプリンタだからダメなのか?
紙を2枚送りされたりして、結構苦労して印刷したのだけど。

ダメと言われたら引き下がるしかなく、
すごすごと旅券センターをあとにした。

入り口のすぐ横には、証明写真撮影機もあったが、
くやしくて使う気にならなかった。

数十分かけて自宅に戻り、
外したネクタイを再度締めて、自分で撮影。
どうしても顔が傾いたり、体が傾いたり。
悪戦苦闘の末、これでいいだろう、という写真が撮れた。

自宅に戻る間、スマホで調べた。
高画質で印刷するには、コンビニのプリント機を使えばよい、と。

デジカメのデータを、「横7:縦9」の比率にトリミング後、
再度旅券センターに向かう途中、
デジカメのSDカードをコンビニに持参。

先ほどのサイトには「30円でできる」とあったが、
パスポート用証明写真は「200円」だという。
1分ほど待ってプリント。1枚の写真用紙に、
同じ写真が4つレイアウトしてあった。

それを、旅券センターのお姉さんにつきだした。
今度こそ大丈夫だろう、と思っていると、
その写真を、チェック用のフレームにあてがって首をひねる。
そして、事務所の後方にいるであろう上司に見せに行った。

帰ってきたお姉さんは「やっぱりこれは使えません」。
顔が大きすぎる、というのだ。

コンビニでプリントした写真用紙を握りつぶしながら、
苦虫もかみつぶしながら再度、旅券センターを出た。

お姉さんは言う。「そこに証明写真撮影機がありますので…」。
もう、意地でも使わない。

パスポートの証明写真は、顔面のサイズも細かく規定されているという。

写真の縦のサイズは45ミリ。
頭部の上端から写真の上端までは4ミリ±2ミリ
(毛髪が多い場合ははみ出してもいいようだが、
そのあたりはよくわからず)。

顔面の大きさは頭部の上端からあごの先まで34ミリ±2ミリ。
この「顔面の大きさ」が、規定に合わなかった。

実際には調べたつもりだったが、
敵もさるもの。素人がすぐに理解出来るものでもなかった。

またも自宅に戻る。
先ほど撮影したデータを再度加工する。
ここら辺は、昔からレイアウトソフトをいじり倒してきた
スキルが生きる。

Fra


Inkscape」で、さきほどの顔面の大きさ規定に合うような
フレームを作成し、それにオノレの顔面が合うように写真をトリミング。
もうこんな醜い顔は何度も見たくないのに…。

最初に紹介したサイトを見直した。
パスポート証明写真のサイズになるように、
写真をレイアウトしたデータを使い、
コンビニプリントで「L判」の写真印刷をすれば、
30円で済む、というのだ。

さきほどは200円で証明写真印刷をしたが、
これはコンビニプリント機が「自動でレイアウトして」
L判用紙に印刷するものだった。

その「自動でレイアウト」を人間がやれば、30円で済む、
ということなのだ。

っていうか、証明写真にレイアウトするだけで
170円も高くなるのかよ!

で、そのデータもInkscapeでちまちま作った。
念のため、サイズは数パターン用意した方がいいらしいので、
大きさを数パターン変えて、レイアウトしたデータを、
Jpegに変換して、SDカードに入れた。

それをまたもやコンビニに持参し、
L判の写真印刷を行う。今度は30円である。
さっき失敗してるから合計230円払ってるんだが、
それでも証明写真撮影機(400~600円程度)よりは安上がりである。

で、みたび旅券センターへ。
またですか、という顔のお姉さんに
今度こそ、の思いで写真を提出した。

「はい、結構です」。
ヤッター! …とは言わなかったが、
心は小躍りである。

パスポートは8日後に出来てくるらしい。
結構待たされるもんだな…と思いながら、
お姉さんから今度の手続きを聞き、帰宅の途についた。
もうここには来なくていいのだ
(いや、実際にはできあがったパスポートを受け取りにくるのだけど)。

結論。
パスポートを作るときは、おとなしく証明写真撮影機か、
写真スタジオで撮りましょう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミュニケーション

東京でコンビニに入るとイラッとくる。
店員がまあ挨拶しないのなんの。

ガイジンなら分かるのよ。でも日本人でも、
客が目の前にいるのにフンって顔してるんだから。

岩手のコンビニじゃ、まああり得ない。

東京は、何もしゃべらなくても生きていける、
コミュニケーションレス社会なんだろうな、と改めて思う。

そう思っていた。
思っていたら…
渋谷のとあるラーメン店。

中国人の団体が入ってきた。
ベテラン店員が「メニューいる? これチャイニーズメニューね」と
中国語が書いてあるであろうメニューを差し出す。

食券のシステムがわからないらしく、
お金を払おうとする客。

店員は後払いでもいいと伝えたいようで
「あー、あー、今払わなくてもいいから。
だからー、フィニッシュ! フィニッシュのときにね!」

フィニッシュじゃなくてレイターじゃないの、と心の中で突っ込む。
日本語もところどころ混じってるし…伝わってるんだろうか。

しかしこれが伝わってるんですよね。
言葉なんて、伝えようとする熱意の方が大事。

日本人が英語をしゃべれないのも、
試験英語が基準で、文法ばかり気にしているから。
ブロークンでいいのよ。ラーメン屋のおじさんみたいに。

でもまずは、あいさつくらいできなきゃ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うる聖やつら

東京出張でバスに乗る。
満員でギチギチの車内に突如響き渡る中国語。
携帯電話の、しかもスピーカーで通話している。
テレビ電話だろうか、相手の声も周囲にダダ漏れ。
厚顔無恥というか、何というか…
自分さえ良ければいい、といういかにも中国人らしい行為である。
孟子先生や孔子先生はなんと思うのだろうか…。

ホテルで一泊し、朝食時間。
食事をするレストランルームと、
休憩をするリビングルームが、扉で明確に分かれているのに、
リビングのソファに陣取って構わず食事をする、
南米系の女たち数人。
いや、どう考えてもそこは食事する部屋じゃないだろ、と思うが
「ワタシタチニポンゴワカリマセ~ン」とでも言いたいのだろうか。

まったくガイジンはこれだから…
と思えば、日本人も恥知らず。

やはりバスの中。外国人はいなかったが
日本人のおやじが堂々とガラケーで大きな声。
まあひとりくらいは…と思っていたら、
澄んだ音色の着信音が響き、またひとりのおやじが会話を始めた。
後ろの席の二人組が苦笑いしていたくらい。

一仕事終えて乗った電車の中でもそうだった。
ややガラの悪い、いい方をすれば「根はいい奴そう」な30~40歳のオッサン4人組が
通路をまたいで座っていた。それだけで威圧感のある集団だが、
ほろ酔いしているようで、明らかに声がでかい。
電車の音にかき消されまいとますます大きな声を出す。
会話の内容もがイヤでも聞こえてくるのだが、
「あいつは◯◯◯◯だからよぉ~」と、
「陰茎の先端部が大きいこと」を指す俗語。
すぐ近くに女性客もいるのに…わざとやってるのか?

またもホテルの朝食。
ラテン系の女が去って、さあコーヒーでも…と思ったら
朝食を済ませた日本人のおやじが隣に座った。
何もしなければかまわないけど、
「チュワッ、チュワッ…」と口から音を断続的に出す。
歯に詰まった食い物を除去しているのだろうか、
単なる癖か…
他人がいるのに、よくそんな不潔な音が出せるものだ。
何の意識もないのだろう。

全く、人間というのは恥知らずな生き物である。
そりゃ、自分のことを孔子さまや孟子さまのような
聖人君子とは思っていないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立つ鳥跡を濁さず

ご無沙汰しておりました。
Twitterで事足りることが多くて…sweat02

仕事で、某カプセルホテルに泊まった。
机とイスがあって、そのスペースからベッドに入るタイプ。
アコーディオンカーテンで個室を間仕切るだけなので、
周囲の音は耳に入る。
いちおう耳栓は持参してきたが、それとて全てを遮音するわけではない。

ベッドに潜り込んでいると、
真向かいから頻繁に聞こえる咳払い。
ゲホゲホ、ゲホゲホ…

風邪でも引いてるんだろうなぁ。
お気の毒に…なんて思うわけがない。
うるせーんだよ。

結局、気になりながらも、
あちらが寝静まったであろう頃に、
こちらもようやく寝たようである。

しかし目覚めもやっぱり「ゲホ、ゲホ…」。
全く、風邪っぴきでカプセルホテルなんか泊まるんじゃないよ。

不快な気分のまま、アコーディオンを開けると、
その咳払いの主もアコーディオンを開けていた。

見るからに20代の若者だったが、
個室内はゴミで散らかっていた。

朝風呂を浴びて個室に戻ると、
あちらはすでにチェックアウトした模様。

よくないとは思いつつ、あちらの個室をのぞくと、
あらためてその散らかりったらない。

鼻はかんでいないと思っていたが、
ゴミ箱は丸めたティッシュであふれ、
入りきらない紙くずが床にこぼれ落ちていた。
といってもゴミ箱に全部片付けようと思えばできるほどの量。

ベッドは下段だったが、
何かを入れていたであろうビニール袋が置かれたまま。
さらにホテルの注意書きの紙が床に落ちていた。

「立つ鳥跡を濁さず」という言葉知らないの?
…まあ、おじさんもこのことわざが思い出せずに検索しちゃったけどw

マナーって何かね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大つごもり

2015年もおしまい。
今年を憂う、みたいな文章を年末にしたためていたこともあったが
もはやそんな血気盛んな年齢でもないので
静かに新たな年を迎えたい。
というか、仕事納めの日に体調を崩してしまった。
急に寒くなったからかもしれないが、
いずれ日々の体調管理ができてないということ。
この状態で新年を迎えることで、
反省を促されているのだろう。
血圧、体重、体の痛み…加齢と衰えを日々感じている。
諸先輩からは「まだ若いんだから」なんて言われているが、
これもそのうち言われなくなる。
まあだれしも年を取るのは公平だから。
世間に不公平はたくさんあるが時の流れは平等だ。
そしてまた新たな1年が刻まれる。
来年の大晦日こそ、
「今年はいい1年だった」と言えるようにしたいものだ。
そう思いながら寝ることにします…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファンヒーター

高性能電気ストーブで一冬過ごしてみたが、
電気代がかかってしまう。
それに部屋全体が暖まらない。
石油ファンヒーターを本格的に使ってみることにした。

特段のメンテもせず、ワンシーズンほとんど使わず放置した、
つまり2年近くほぼ使っていなかった灯油を注入。
これがよくなかった…

最初のうちはうまく動いてくれていたのだが、
徐々に点火が悪くなり、ブスブス煙を吐くように。
そして点火しても、ぬる~い風しか吹き出さない。
心なしか頭も痛い…不完全燃焼か?

こりゃやばい、ということでネットで調べた結果
「気化器」という部品がおかしくなっているらしい。

生来のケチ心で、分解修理にトライすることに。
ネジを開け、ストーブを分解。
ネット上の情報通りの構造である。
パソコン車のオーディオ電気シェーバー
分解は慣れてはいるけれど、やっぱり難しい…

どうにか気化器の分解に成功。
バネの中に格納された「ニードル」という棒状の部品に、
カーボン(すす)がびっしりこびりついていた。

これまたネット上の情報通りに、コンロでカーボンを焼く。
チリチリと炎を上げて焼けるすす。
カッターですすをこそげ落とすとポロポロ取れ、
ニードルが金属の光沢を取り戻した。

本来はニードルを装填するケーシング部も
「キャブクリーナー」で洗浄するのが理想だそうだが
さすがにそこまで凝る気にはならず
(大体、キャブクリーナーのほかの使い道が思いつかない)。

で、部品を元通りに戻し
(一部、バネ回りの部品を逆に装着しかけてしまった…危ない危ない)、
ファンヒーターを原状復帰させた。

そして、新しく買ってきた灯油を入れ、
動かしてみた。
…うーん、着火はするが相変わらず風はぬるく、
のぞき窓から見える炎も相変わらずオレンジ色。

こりゃ買い換えかな…と思ったが
「不完全燃焼には着火・消火を5回繰り返す」という情報を知り、
やってみた。すると、徐々に症状は緩和。
最初はオレンジだった炎も青くなってきた。
内部に残っていた古い灯油が悪さをしていたのだろう。

いまはなんとか普通に動いている。
ただファンヒーターは5~10年で大体悪くなるという。
修理代も5千円以上かかることはザラで、
買い換えた方がいいらしい。
次回調子が悪くなったら買い換え時なのだろう。

とりあえず、古い灯油は使わないことです。
(なお、分解については自己責任ですからね。
自信がない人は、おとなしく買い換えよう!)

(追記 16/1/1)
結局、元日の初売りで買い換えちゃいましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お大尽

「題名のない音楽会」の司会者が替わるということでボンヤリ見る。
スポンサーは出光グループ。
もともとテレビ東京で放送を始め、来年で50周年を迎えるという。

先日、有楽町にある「出光美術館」に行ってみた。
なかなかの賑わいを見せており、
ゆっくり見れるかというとそうでもないのだが(笑)、
都会の喧噪を忘れるにはぴったりの空間である。

中国の焼き物のかけらばかり展示する部屋もあり、
価値は正直よく分からないが、貴重なものなのだろう。

出光美術館を創設したのは出光興産の創業者。
蒐集した美術コレクションを増やした結果、
自宅に飾りきれずに美術館を作るという、
資産家にはよくあるパターンだろう。

ガソリンスタンドの経営には何の役にも立たない、
いわば「お大尽」の趣味だ。

ただ、こういった美術品や考古学資料というのは、
国家の力だけでは維持保管は困難で、
やはりこういう「お大尽」の力が必要なのだろう。

本業には全く関係がないが、
美術館や音楽番組の存在によって、
出光のイメージは向上する。

いわゆる「メセナ」というやつだ。
まあ企業活動の一環というといやらしく聞こえはするが、
こういった活動は、社会全体、
ひいては我が国、いや世界的にも役立つことになる。

昨今世間をにぎわすお金持ち達はといえば、
会社活動のことにばかり執着したり、
スポーツチーム経営に血道を上げたり、
はたまた遊び歩いたり政治の世界を冷やかしたり…。

ネット空間で貧乏人どもをバカにして遊ぶ不届き者もいる。
遊ぶのなら、もっと世間様のためになることをなさいな。
誰のおかげでお金持ちでいられるか、ってことですよ。
あなたが握りしめる札束の陰で、
どれだけの庶民達が汗と涙を流しているか。

目(メ)から流す涙(ナみだ)の間に汗(あセ)がある。
メ・セ・ナはお大尽の責務だと思うなぁ。
貧乏人はそう思う。一生そんな世界とは無縁だけど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時間は大事

「時間オーバーする講師」が嫌いだ。

この年になっても、講演やらセミナーやらに
出させられることがある。

眠気を我慢し聞くのだ。
何時何分まで、という終わりの時刻まで頑張る。

もちろん講師の方が数倍頑張っているわけだが。

でも、頑張ってるなか申し訳ないのだが
時間をオーバーされるのがイヤなのだ。
とくに、終わった後の予定があったりすると。

予定時刻をとっくに過ぎているのに
講義をダラダラ続けられたり。

それと、質疑応答をしつこく続ける司会者も嫌いだ。
「質問、ないですか? せっかくの機会ですよ?」
そう言われると、妙な義侠心で
質問をひねり出すひねくれ者がいるのだ。チッ。

逆に、時間がありませんので、と
要点をかいつまんで話し、時間通りにまとめてくれる講師は二重丸。
聞いた講演の印象も良い。

司会者も同様。
「時刻過ぎておりますのでこの辺でよろしいですか」とか
まとめてくれれば良し。

ダラダラ続ける=熱意、と思ったら大間違いですよ。
それはあなたの「押しつけの熱意」ですから、
先生方。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本人の仕事

海外製品、とくに小物・雑貨類のパッケージは
「開けにくい」と思う。
密封することだけを考えていて、
「開け口」がないのだ。

たとえばCD。
日本の音楽CDパッケージは、
かならず外のビニールを開けるための
「ヒモ」状の部分があって、
それを引っ張るためのツメが一カ所ある。

しかしアメリカなどのCDはそういうのはない。
いわゆる「ラミネート」という奴で、
どこかを強く引っ張って穴を開けて破くしかない。

USBメモリーなんかのパッケージでも、
海外産は開け口がなく、
プラスチック包装にハサミを入れる方法しかない。

しかもどこにハサミを入れればいいかもよくわからない。
ややもすればUSBメモリー本体か、
さもなくば自分の指を切ってしまいそうになる。

最近「日本人はスゴイ」的なテレビ番組が多いが、
基本的に日本人のスゴイところって、
そういうとこなんだと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滑り止めスパイク

この時期の盛岡は「歩道の凍結」が悩みどころ。
どうしても歩いて外出しないといけないとき、
スケートリンクみたいな歩道を歩き続けるのは苦痛。
もちろん滑って転ぶのは必至。

昨年は12月なのにどかどか雪が降ったので、
現時点で歩道は大部分が分厚い雪か、
踏み固められた氷で覆われている状況である。

で、靴につけられる滑り止めスパイクをホームセンター
(はっきり言っちゃうと「ホーマック」)で買ってきた。

いままでも気にはなっていたが踏み切れず、
車で外出するか、歩いてこけるか、だった。

スパイクは、かんじき状のゴム部で靴に固定。
最初はきつくて装着しづらいが、
慣れればきちっとつけられるようになる。
ただし革靴にはめるのはやや抵抗があるかな。

完全に凍ってしまった歩道を歩いてみると、
これがとても快適。

金属製のスパイクで歩くと、
氷と触れる面積が靴と比べ圧倒的に減るため、
当然滑りにくくなる。というか、滑りようがない。
靴の裏に剣山をつけて歩くような感覚。

ただし過信は禁物。
とくに氷が凸凹になっている部分を歩く際は、
スパイクだけでなく靴の足裏も氷に直に触れてしまい、
滑りやすくなる。

ただ、スケートリンクのようになっている歩道を
歩くのは、圧倒的に快適になる。

逆に、雪・氷がない舗装部分を歩くほうが、
かえって歩きづらい。スパイクが舗装に当たるため、
砂利の上を歩くような、不安定な感じだ。
それに、金属と舗装が触れて、それこそジャリジャリ言うので、
気持ちが悪い。方言で言えば「イズい」。

だから、凍っている部分を探して歩道を歩くという
本末転倒な状況になってしまうのは面白いところ。

歩道が凍結するこの時期はどうしても「出不精」になってしまい
ブクブク太っちゃう人が続出するこの時期。
スパイクをつけて、外は寒いけれど歩きましょう。
(無理は禁物ですよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧