学問・資格

ローマ字のこだわり

 クレジットカードを作るときなど、ローマ字を書く必要がある場面があると思う。そんなとき、自分の名前をどうつづるだろうか。

 自分の場合はヘボン式。「高橋」であるので、Takahashiとつづる。
 しかし、これを「訓令式」や「日本式」ではTakahasiとつづらなければならない。
 そのほか、「藤島章一」さんなら、ヘボン式ならFujishima Shoichiであるが、日本式ではHuzisima Syoitiとなる。

 もしこの二つのつづりを英語圏の人に読ませたらなんと読むだろう。前者は「フジュィシュィマ シュォイチュィ」となるだろう。後者は「フズィスィマ スョォイーティ」。実際の発音は、前者の方が日本語に近いはずである。
 そう考えると、やっぱりヘボン式がいいな、と思う。

 「ローマ字の読みなんて国によって違うんだから、英語風に合わせる必要なんかない」と論破する向きもある。スペイン語ならJはハ行だし、ドイツ語ではWはヴァ行。フランス語のRはホゲ音(??)。
 ただ、世界で一番普及している言語はなんといっても英語である。(話者人口ナンバーワンは中国語だそうだがそれはまあ、おいといて)。そう考えればやはり、英語に準拠したヘボン式が一番便利な気がするのだが…。

 実は我が岩手県には、田中舘愛橘という学者がおり、この人物が「日本式ローマ字」の育ての親なのである。愛橘は物理学者でありながら、日本語をローマ字でつづる運動を推進したことで知られる。そのつづり方は「日本式」だった。故郷の先人に逆らうのは若干気が引けるのだが。
 名新聞記者、本多勝一も強烈な日本式支持者だそうで、彼らしく理屈をこねくり回して日本式の優位性を著書で述べている。が、自分が彼の持論で納得できるのは、アポストロフィの使い方だけだ。(「週刊金曜日」をSyukan Kin'yobiとつづっている。アポストロフィがなければキニョウビとなるはず)。

 日本人しか読めないローマ字(=日本式)は、当座必要ないだろう。世界の大多数の人がまともに読めるヘボン式こそ、使いやすいと思うのである。
 しかし、この文章をキーボードで打つときには、ちゃんと「日本式」で打鍵しているのだった…。

※ 名前を「名+姓」で並べることについては、日本人は誇りをもってこう並べるべきであろう。じゃあつづりも誇りを持って日本式にしろよ、と言われると、それには首を横に振ってしまう。自分の名前を多くの人に正しく呼んでほしいのだ。
 この方は、またビミョウに違ってて面白い。
http://www.asahi-net.or.jp/~eh6k-ymgs/opinion/contents/kotoba.htm#kigou

| | コメント (0) | トラックバック (1)

六大学

東京大学、立教大学、明治大学、法政大学、早稲田大学、慶応大学。
我が職場にはこのうち5つの大学の卒業生がいる。
岩手県盛岡市にあるしょぼい会社でもだ。
ほかにも中央大、日本大、青学のOBもいる。
その人たちは東京の大学に通っていたことなど
みじんも感じさせぬくらいナマっているのだが…。
たとえ地元に就職するとしてもやっぱり「東京での修業」も必要なのかな、とふと考えてしまう。

かくいう俺は、「岩手大学」卒。二流だ。
岩手県から外に出ていない。
東京出張が未だに嬉しい田舎者からすれば、
六大学をはじめとした東京の有名大OBは
やっぱり「デキる人間」に見えてしまう。

ただし、実際には一流大学を出ているのと仕事ができるのとはあまり関係ないようである…。
元慶応ボーイが、岩手大卒のポテトボーイに
毎日のようにパソコンのいじり方を聞いてくるのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)