« ハンサム紳士は嘘つき紳士? | トップページ | うる聖やつら »

立つ鳥跡を濁さず

ご無沙汰しておりました。
Twitterで事足りることが多くて…sweat02

仕事で、某カプセルホテルに泊まった。
机とイスがあって、そのスペースからベッドに入るタイプ。
アコーディオンカーテンで個室を間仕切るだけなので、
周囲の音は耳に入る。
いちおう耳栓は持参してきたが、それとて全てを遮音するわけではない。

ベッドに潜り込んでいると、
真向かいから頻繁に聞こえる咳払い。
ゲホゲホ、ゲホゲホ…

風邪でも引いてるんだろうなぁ。
お気の毒に…なんて思うわけがない。
うるせーんだよ。

結局、気になりながらも、
あちらが寝静まったであろう頃に、
こちらもようやく寝たようである。

しかし目覚めもやっぱり「ゲホ、ゲホ…」。
全く、風邪っぴきでカプセルホテルなんか泊まるんじゃないよ。

不快な気分のまま、アコーディオンを開けると、
その咳払いの主もアコーディオンを開けていた。

見るからに20代の若者だったが、
個室内はゴミで散らかっていた。

朝風呂を浴びて個室に戻ると、
あちらはすでにチェックアウトした模様。

よくないとは思いつつ、あちらの個室をのぞくと、
あらためてその散らかりったらない。

鼻はかんでいないと思っていたが、
ゴミ箱は丸めたティッシュであふれ、
入りきらない紙くずが床にこぼれ落ちていた。
といってもゴミ箱に全部片付けようと思えばできるほどの量。

ベッドは下段だったが、
何かを入れていたであろうビニール袋が置かれたまま。
さらにホテルの注意書きの紙が床に落ちていた。

「立つ鳥跡を濁さず」という言葉知らないの?
…まあ、おじさんもこのことわざが思い出せずに検索しちゃったけどw

マナーって何かね…

|

« ハンサム紳士は嘘つき紳士? | トップページ | うる聖やつら »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/63778217

この記事へのトラックバック一覧です: 立つ鳥跡を濁さず:

« ハンサム紳士は嘘つき紳士? | トップページ | うる聖やつら »