« ハンサム紳士の落とし穴 | トップページ | ハンサム紳士は嘘つき紳士? »

消えゆく者の哀しみ

岩手県花巻市の老舗百貨店「マルカンデパート」が閉鎖を発表。
建物の老朽化が原因という。

マルカンは花巻市の中心市街地の顔ともいえる店舗であり、
閉鎖による影響は大きい。

同店といえば最上階にある「レストラン」が有名。
昔ながらの「デパートの大食堂」である。
三越などとは違う「B級感」が売り物で、
むやみに多すぎるメニュー、レトロ感あふれる内装が客の心をつかんだ。

そしてなんといっても名物は「ソフトクリーム」。
10回巻くという特大サイズで、そのままでは食べられないので
割り箸ですくって食べるのが「流儀」。
これだけを食べに来る客も少なくなく、
いつもマルカンの大食堂はにぎわっている。

…しかし、それ以外のフロアは「百貨店」というにはほど遠く
(といっても百貨店協会には所属しているが)、
市内にあるイトーヨーカドー(岩手県唯一の店舗!)の方がよっぽど品揃えはよい。

「古色蒼然」は、レストランでは魅力でも、
百貨店ではマイナスポイントでしかなく、いつも閑古鳥が鳴いている。

市街地の空洞化は花巻でも進んでおり、競合店はとうの昔に閉店。
マルカンがなくなれば、ますます客足は遠のくだろう。

せめて大食堂だけでも…と思うけれど、
「古ぼけたデパートの大食堂」に価値があるのであって、
取り壊した後に平屋のレストランを作っても、もう客は来ないだろう。

高校生らが存続を求め署名活動を始める動きもある。
署名を集める気持ちは分かるが、
経営する方の気持ちは、学生にはまだ分からないだろう。
ただ、この純粋な行動が何かに結実すればよいな、とは思う。

そして盛岡市でも「盛岡バスセンター」が閉鎖の危機を迎えている。
盛岡市役所にほど近い場所にあるバスターミナルで、
建造して50年を経ていて、こちらもレトロ感でいっぱい。
客がいるのだかいないのだか分からない時計店や、
とうの昔になくなった「チューイングボン」の看板を掲げる売店など、
時代に取り残されたような作りが、
レトロマニアやバス愛好者達には魅力のようで、「聖地」扱いされている。

しかしこちらも老朽化にはあらがえず、補修も不可能。
中心市街地活性化計画で、バスセンターを近代的ビルに建て替える計画が持ち上がった
が、
これも徐々にトーンダウン。
近隣のデパート跡地はマンションに建て代わったが、
このエリアもまた空洞化が進む状況。
バスの乗客も全盛期にはほど遠い状況で、
バス会社の運営を苦しめている。

国際興業系列のバスセンター運営会社が、先述の計画からの撤退を発表。
バスセンターは閉鎖・解体され、更地になって売却されるのが濃厚となっている。

しかしバスセンターがなくなればターミナルが消滅し、混乱は必至。
移転するとしたら、この一帯の魅力は失われ、やはり集客が見込めなくなる。

先述通りバスセンターは民間で運営していたが、
これもまた「経営する方の身になる」と、厳しいものがある。

もうからなければ撤退、当たり前の話。
「民間の活力を活用する」と、場合によってはこうなるのだ。
かといって行政が舵取りすれば御の字なのかといえば、それも難しいわけで…

|

« ハンサム紳士の落とし穴 | トップページ | ハンサム紳士は嘘つき紳士? »

岩手県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/63354650

この記事へのトラックバック一覧です: 消えゆく者の哀しみ:

« ハンサム紳士の落とし穴 | トップページ | ハンサム紳士は嘘つき紳士? »