« 帝国、終わりの始まり | トップページ | ハンサム紳士の落とし穴 »

電気コンロ

懐かし家電なんでしょうな、電気コンロ。
それを買ってきたのですよ、平成28年に。

購入したのは、「ピーコック魔法瓶」製、
シックなブラウンカラーの電気コンロ。
某家電量販店で、ネットよりもだいぶ安い金額で売られていた。

なぜこんなアナクロ家電を買うのか?

IHの卓上クッキングヒーターはあるのだが、
これが「うるさい」のだ。
過熱を防ぐため動作するファンの音が凄い。

それに、IHだから鍋を選ぶ。
オールステンレス、
あるいは底面にイボイボやらツブツブがある、
底が平べったいフライパン、鍋じゃないと動かない。

ところが電気コンロはそういうファンがないので静か。
鍋も、アルミでも土鍋でもなんでも良い。
底は多少丸くてもかまわない(五徳で調整できる)。
だから、卓上で鍋物をやるときに重宝する。

まあ、メジャーな使い方は「お餅やスルメを焼く」
ことらしいが、そういう用途は想定していないのであった。

いずれ、カセットコンロのように
「直火が出る」「消耗品がいる」「セットが面倒」といったデメリットがない。

火力はだいぶ心もとないが、鍋物であれば
最初から電気コンロで調理せず、
普通のガスコンロで下調理しておけばいい。

意外にメリットある「電気コンロ」。
思い出してみませんか…。

|

« 帝国、終わりの始まり | トップページ | ハンサム紳士の落とし穴 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ポータブル型でも15万円…ひえ~
食べる物が買えなくなってしまいますな

投稿: Annex | 2016.02.11 22:48

値段が高いですが、スーパーラジエントヒーターという物もありますよ。

投稿: loctite | 2016.02.11 20:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/63183826

この記事へのトラックバック一覧です: 電気コンロ:

« 帝国、終わりの始まり | トップページ | ハンサム紳士の落とし穴 »