« 由紀さおり Complete Single Box | トップページ | 不自由な12年間 »

選挙特番は必要か

テレビ東京の選挙開票特番「総選挙ライブ」が人気だ。

司会の池上彰が、立候補者や政党代表とつないだ生中継で
政党や出馬した政治家の不祥事にズバズバ切り込み、
「公明党と創価学会」などのタブーワードも連発。

また池上自ら注目立候補者に密着取材したり、
開票速報で表示される立候補者の「一口メモ」も密かに人気。
わかりにくい政治の世界を一気にエンターテインメント化しつつも、
政治の世界の本質に迫る「本分」も果たしている。

他局の選挙特番とは一線を画すやり方で、
一気に選挙特番で視聴率民放トップに躍り出て、
NHKに迫りつつある。NHKは池上の古巣でもある。

テレ東は資金力・取材力に乏しく、系列局も遙かに少ないため、
他局のような『データ主義』『人海戦術』が使えず、
『政治家をいじり倒す』手法でのし上がってきた。
過去に久米宏がやったこととよく似ている。

いっぽう他局はといえば、武田真一、古舘伊知郎、安藤優子、
村尾信尚、膳場貴子といった看板キャスターを引っ張り出しているが、
どれも内容は似たり寄ったりで、面白みもない。

各局とも、投票締め切りの8時になると
出口調査結果を発表するが、
だいたい数字はどこも同じ。

どの番組を見ても内容は一緒。
なら、よりわかりやすくて面白い方が良い、
ということで、池上彰が選ばれているのだろう。

しかし1年前の選挙では、
古舘伊知郎の『選挙ステーション』が池上特番と並んだという。
ところがこれは羽生結弦が出場するスケート大会を絡ませての番組だったそうで、
それがなければ古舘が池上に大惨敗していたことは間違いない。

で、思ったのだが。
もはや開票特番って横並びでやる必要ないんじゃないの?
ということ。

各局似たり寄ったりの番組で数字の取り合いをして、
勝つのは最も低コストなテレビ東京。
バカバカしいではないか。

報道機関の矜持とか、系列局の突き上げとか
あるんだろうが、実績が出ないんじゃ意味がない。

普通にスポーツ中継やバラエティ番組を
放送した方が数字がとれるのなら、
そっちのほうが視聴者ニーズにかなっているのではないか。

いまはデータ放送というものもあるのだし、
開票速報についてはそちらでフォローすれば良い。
民放ではいまのところ普及していないが、
サブチャンネルを使うというのも考えられる。

次回の選挙も池上彰に負けるおつもりですか?
スポンサーだってそれは望んでいないと思うけど…

|

« 由紀さおり Complete Single Box | トップページ | 不自由な12年間 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/62897317

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙特番は必要か:

« 由紀さおり Complete Single Box | トップページ | 不自由な12年間 »