« 大野雄二名曲撰(6) | トップページ | パソコン修理に気をつけろ »

大野雄二名曲撰(7)

31「掛川市歌」平成18年、歌詞を公募した上で、静岡出身の御大が作曲。歌はサーカス。御大マニアならゾクゾクッとくるコード進行。一時は防災無線で毎日聞けたそうだが現在は取りやめになっている

32「ルパン三世のテーマ'89」すでに25年以上前の曲だが、大野サウンドの集大成ともいうべき贅沢なアレンジで、現在でも現代性を失っていない

33「若さよ走れ」。岩手競馬イメージソング。歌は町田義人。「戦士の休息」を激しく連想させる(歌詞も「野性」が織り込まれ…)。当時の岩手競馬は儲かってしょうがない時代であった。今は昔…

34「ひとかけらのエメラルド」中森明菜のファーストアルバム収録曲。編曲はSHOGUNの大谷和夫。メロウなメロディが長く続いて一気にサビに入り、早々にワンコーラスが終わる。あっという間に終わる、夏の恋のような曲

35「ソウル・キングコング」。脂の乗りきった時期の意欲作。ジョン・バリーの原曲をアレンジしたというが…。「ルパン三世のテーマ」の間奏と同じフレーズもあって驚き。しかしこのレコード、誰が買ったんだろう

繰り返しますが、可能な限りCDやダウンロードで購入してお楽しみくださるよう…。
そしてライブでもお楽しみください。
御大は老骨にむち打って(失礼!)全国を飛び回っています。

|

« 大野雄二名曲撰(6) | トップページ | パソコン修理に気をつけろ »

「大野雄二」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/62495062

この記事へのトラックバック一覧です: 大野雄二名曲撰(7):

« 大野雄二名曲撰(6) | トップページ | パソコン修理に気をつけろ »