« BPOって何なの | トップページ | パクり »

駅前のイオンがガラガラ

盛岡市内にはショッピングモールのイオンが2店、
スーパーセンターのイオンが1店あるが、
それより前に出店したのが「マックスバリュ」盛岡駅前北通店。

現在は秋田本社の「マックスバリュ東北」に吸収されたが、
盛岡地区のイオン第1号店でもあった。
開店した日はなんと夜の12時にオープンしたのであるが
大行列に並んで入店したのを今でも鮮明に覚えている。

そのマックスバリュ、開店後ほどなくしてテナント棟を増床、
現在は「イオンタウン」を名乗っているのだが…
このテナント棟、半分以上のスペースが空き店舗になってしまい、
なんともさみしい状況なのである。

飲食店が入っていたスペース。
フードコート形式なのに、なぜか「冷麺」の店と「サーティワン」という
バランスの悪さが災いし、早々に客が来なくなった。
そしてとうとう空き店舗に。
目の前には北東北随一の美容学校もあるのだが…。

今年の冬までは自転車販売の「イオンバイク」が入店していたが、
自転車シーズンの春を待たずに閉店。

その隣のスペースは雑貨店があったが
保険代理店を経てやはり空きスペースに。

同じくテナントとして入っていた地元書店は
出版不況に耐えきれず閉店。
その後、お裁縫グッズの「トーカイ」が入っていたが
ごく短期間で撤退。いまはやはり空きスペース。

残っているのは、奥の方に鎮座する「キャンドゥ」と、
その脇にあるリラクセーション、
手前側の小さいスペースに入居する激安理髪店、
店の正面からは見えにくい場所にある美容室。

4店もあるからにぎわっているかと思いきや、
先述の空きスペースが、テナント棟入り口に集中し、
がらんどうを見せつけてくるものだから、
なんともさみしい状況なのである。

天下のイオンの店、しかも盛岡駅前店を名乗る店なのに、
テナントを埋めるにも苦労するなんてことが、実際にあるのだ。

駅前と言いつつ駅からはやや離れていて(徒歩7分程度)、
駐車場も30分無料で、自動車でのアクセスもそれほど悪いわけでもない。

ただ、冒頭で言ったように盛岡にはすでにイオンの大型店が2店あり、
マックスバリュもすでに3店舗を数える。
ド郊外の玉山地区とはいえ、スーパーセンターも存在する。
すでにイオンは目新しい存在でもない。
それも、この空きスペースの要因の一つなのかもしれないが…。

どの種類の店がふさわしいかも悩ましい。
書店はすでに閉店している。
駅ビル「フェザン」は、新星堂のカフェ併設新業態をオープンさせたが、
1年もたず閉店してしまった。音楽もダメだ。

フードコートの復活…と思ったが、
駅の乗降客を駅ビルから奪うような場所でもなければ、
家族で連れ立ってくるような場所でもなく
(イオンモールではなく単なる食品スーパーでしかない)、
客の入りが読みにくい。

要するに、テナント棟が広すぎたのかも知れない。
先述通りこのテナント棟は増床してできたものであるが、
その読みが甘かったという言い方も出来よう。

この空きスペースがいつ、どのように埋まるのか、
どう驚かせてくれるのか、イオン(正確にはマックスバリュ東北)の
お手並み拝見、といきたいところだが、
当のイオン側が、一番悩んでいることだろう。

|

« BPOって何なの | トップページ | パクり »

「小売業」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

盛岡市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/62083617

この記事へのトラックバック一覧です: 駅前のイオンがガラガラ:

« BPOって何なの | トップページ | パクり »