« 星雲仮面マシンマン SONG & MUSIC COLLECTION(PART1) | トップページ | 星雲仮面マシンマン SONG & MUSIC COLLECTION(PART3) »

星雲仮面マシンマン SONG & MUSIC COLLECTION(PART2)


1枚目はMoJo歌う「星雲仮面マシンマン」から始まり、
全挿入歌とそのカラオケ(インスト)のほか、
TVサイズ主題歌のカラオケや挿入歌のオフコーラスVer.といった
マニアックな曲も収められている。

テレ朝の戦隊ものなどでもおなじみのMoJoは、
お得意の暑苦しい歌い方で「熱唱」という表現がぴったり。
大野とは「とみたいちろう」としてCMソングでも「共演」しており、
相性もバッチリである。

「こおろぎ'73」はコーラスを務めるほか、
メインの曲も1曲歌っている。

なお大野が編曲も手がけたのは
主題歌とエンディング「おれの名はマシンマン」だけで、
挿入歌のアレンジはすべて、
吉村浩二やいちひさし(武市昌久)といった、
子供番組を得意とする編曲家が担当している。

従って、全体的には、大野雄二を連想させるような
「ジャズ」「フュージョン」色はほぼなく、
子供が好むであろう軽快な聴後感の曲が多い。

いっぽう大野が編曲まで行った、
主題歌のTVサイズ(テレビ放送用の録音)は、
タイトルシークエンスに合わせてイントロをがらっと変えており、
「劇伴職人」としての技を感じさせてくれる。

そして目玉は、2015年初頭に録音された、主題歌「新録バージョン」。
歌うのはもちろんMoJo。
「まるでライブで歌っているようだ」という評も目にしたが、
伴奏に合わせて「ズッズズバ~ン」という声も出したりしていて、
まさにライブ感を感じさせる。

「せいうんかめん」を「せいうんかんめ~ん」と歌ったり、
あえて声を裏返らせたり、
歌い方が当時と違っているところが興味深い。

なお伴奏は新しく録音されたように聞こえるが、
実際は当時の音源を使っているとのこと。

ドラムスやエレキ、ホーンセクションを強調することで、
打ち込みを思わせるような近代的な仕上がりになっている。

ただ、代わりにストリングスや、装飾的電子音が
弱められているのが少し残念な気もする。

続きはPART3

|

« 星雲仮面マシンマン SONG & MUSIC COLLECTION(PART1) | トップページ | 星雲仮面マシンマン SONG & MUSIC COLLECTION(PART3) »

「大野雄二」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/61313648

この記事へのトラックバック一覧です: 星雲仮面マシンマン SONG & MUSIC COLLECTION(PART2):

« 星雲仮面マシンマン SONG & MUSIC COLLECTION(PART1) | トップページ | 星雲仮面マシンマン SONG & MUSIC COLLECTION(PART3) »