« 星雲仮面マシンマン SONG & MUSIC COLLECTION(PART3) | トップページ | 待ってました »

5きげんじゃない日々

岩手を代表する情報番組「5きげんテレビ」の司会者が代わった。
勤め人だとなかなか見る機会に恵まれないので
なかなか動向を知ることが出来ないのだが…

番組開始は97年。そろそろ20年の声を聞こうという長寿番組。
初回から司会を務めてきたのが、
当時気鋭の若手だった平井雅幸アナウンサー。

「岩手を代表する」存在にまで番組が成長、
平井アナはアナウンサーの身分のままアナウンス部を転出、
「5きげんテレビ部部長」に就任していた。
番組は、テレビ局の一部署にまで「のし上がった」のだった。

ライバル番組が生まれては消えたが、
現在は独走状態。
そんな快調の中、今年の2月頃、
「岩手のミヤネ屋」平井アナウンサーは画面から消える。

体調不良、との告知がなされ、
代役として中堅の岩瀬アナウンサーが司会に就く。
しかし平井アナはいっこうに復帰しなかった。

入院説がささやかれるようになった3月、
平井アナはVTR出演、正式に「番組降板」のアナウンスがなされた。

やはり体調不良であること、
そしてその不調はだいぶ前からであることも告白したが、
病名は何であるかは伏せたまま。

長寿番組を長らく引っ張ってきた「偉大なる存在」にしては、
あっけない幕切れだが、
言えないこともあるのだろう。

心労もたまっていたのではないだろうか。

本番は平日の90分間のみ。
準備やリハーサル、打ち合わせなどを含めても、
激務というほどではないだろう。

しかしオフや空き時間も、
平井アナは「雅さん」であることを求められる。

たとえば、どんなに疲れていても無愛想にはできない。
人の噂はあっという間に広がる。
特に、「視聴者とのキャッチボール」を謳う番組で
それは致命傷だ。

そうなると、嘘でも笑っていなくてはいけない。
腹の中が煮えくりかえっていても、だ。

どれだけ強靱な肉体をもってしても、
それでは精神をすりへらしやがては体力も奪う。
現に平井アナは50代を迎え、
ただでさえ衰えてくる時期だった。

平井アナの場合は、ときおり「本音トーク」みたいな
おしゃべりをする場面もあったが、
さすがに「本当の腹の中」まで吐露することはしなかっただろう
(そういうトークは求められる番組ではないし)。

たまったものが爆発してしまったのだろうか。
思ったより状況が深刻なのかどうかは、
アナウンスされていないので知るよしもない。
とりあえず休養が第一だろう。

平井アナは引き続き番組に携わる意向のようだが、
局のサイトのアナウンサー一覧から消えている。
司会は正式に岩瀬アナに引き継がれ、春を迎える。

岩手の夕方を変えた「マサさん」。
お疲れさまでした。

|

« 星雲仮面マシンマン SONG & MUSIC COLLECTION(PART3) | トップページ | 待ってました »

岩手県」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

先日「マサさんどうしたのかな」なんてふと思い出しておりました。
裏方に回ったのなら、それなりに取材に出かけたりして
目撃談があってもよさそうなのに、それも聞かない。
岩手にいる限り指を差される生活は続くわけで、
もしかして会社やめて、自分のことを知る者がいない街に引っ越したのかな、
などと考えておりました。
私生活のことは知るよしもありませんが…

投稿: Annex | 2015.11.19 07:37

突然にすいません。

まささんのごきげんテレビ降板はまささんの不倫スキャンダルであると言う噂がありますがどうでしょうか。

声が出ないにしても番組に来る事もなく降板、本来なら番組内で共演者やスタッフから花束を渡されたり感謝のお疲れ様の涙があって然るべきですよね?

ごきげんテレビはまささんあってこそあそこまでの人気番組になったわけですし

声が出ない自分をさらしたくない、あるいは心の病である可能性もありますが

あまりに不自然です

まぁ部外者が不倫をとやかく言うことではないかもしれませんが、病気降板と言う形で視聴者をだましているなら残念なことです。

投稿: 盛岡市民 | 2015.11.18 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/61328993

この記事へのトラックバック一覧です: 5きげんじゃない日々:

« 星雲仮面マシンマン SONG & MUSIC COLLECTION(PART3) | トップページ | 待ってました »