« プレーンのコーンフレークはどこへ消えた? | トップページ | ホテルのアメニティ »

エコロミーIII

以前テレビショッピングで気になっていた電気ストーブ
エコロミーIII」を、電気店で衝動買い。

暖房器具については、
ハロゲンヒーターだの、カーボンヒーターだの、
あれこれ試してきた。

昨年も大ぶりなハロゲンヒーターを買って、
冬場を石油ヒーターなしでやり過ごした。

灯油の高さは皆さまご存じの通り。
今年もできれば、灯油は使いたくない。

しかし先述のハロゲンヒーターは弱でも800W消費し、
けっこう電気代が気になっていた。
そこでこの「エコロミー」を買ってみた次第。

リフレクトヒーターと言うらしい。
要するに反射板がミソみたい。
発熱源はありふれたニクロム線である。

消費電力は強でも400W、上記のハロゲンの半分。
弱は200W。こんなので本当にあったまるの?と思うが…。

高さは牛乳パックくらいで小さいが、思ったより奥行きがある。
もっと薄い方がいいなぁ、と思うが、
ニクロム線の赤外線を、複雑な反射板構造で増幅させるのが
「リフレクトヒーター」たるゆえんらしく、
従ってこの厚みはしかたないようだ。

操作盤には、強と弱のスイッチのみ。
といっても買ったのは廉価版の「メカ式」モデル。
というか店にはこれしかなかったのだけど。

実際は、ボタンでデジタル的に操作する、
タイマー付き上位版の「マイコン式」もあるらしい。

スイッチを「強」にしてみる。
カーボンヒーターのように、
スイッチを入れるとすぐに暖かくなるわけではなく、
少し時間がかかるのが惜しいか。

しかし…おおお、暖かい。
しばらく当たっていると、汗ばんでくるほどである。
400Wでも、暖かさは800Wのハロゲンヒーターと遜色ないか、それ以上。
形が小さいので、全身を温めるにはやや心もとないが。
ただそのおかげで持ち運びはしやすい。

暑すぎると思ったら200Wに下げる。
点灯するニクロム線が半分に減るが、
これでも十分。
電気代がハロゲンの1/4だと思うと嬉しくなってくる。

これで冬をやり過ごせるか。
あるいはハロゲンを再び引っ張り出すか。
お手並み拝見。

(追記 15/2/23)
約3ヶ月使用。極寒の中を、
なんとか「エコロミーIII」とこたつ、厚着でやり過ごした。

さすがに部屋全体を暖める必要があるときは
石油ストーブの世話になるが、
それ以外はこたつとエコロミーさえあれば十分。

現時点では4000円台で、「メカ式」はおろか
タイマーつきの「マイコン式」も入手できるようだ。
もう春だけど、来季に向けていかがです?

|

« プレーンのコーンフレークはどこへ消えた? | トップページ | ホテルのアメニティ »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/60739681

この記事へのトラックバック一覧です: エコロミーIII:

« プレーンのコーンフレークはどこへ消えた? | トップページ | ホテルのアメニティ »