« ドーナツの油 | トップページ | 酒の味 »

ブラック部活動

「アメトーーク・ゴールデン延長戦」、
弱小部活動芸人の部。

ピース綾部の発言が気になった。

「朝6時から夜9時まで練習させられ、
休みはお盆と元日の計2日。それでも勝てなかった」。

朝練や夜練はよくあるが、朝6時は異常ではないか。
その間に普通に授業もあるだろうが、
疲労、眠気、空腹など、身が入らないことは想像に難くない。

1日13時間拘束され、それが年間363日続くのだ。
これはもはや「ブラック企業」どころか「刑務所」すら超えている。

好きでそのスポーツなり活動に打ち込んでいるなら、
まだいいかもしれないが、
まあいいか、程度でその部活に入った生徒には地獄だろう。

嫌なら辞めりゃいい、と簡単に言うけど、
学校を辞めるわけじゃない。
人間関係を続けなければならない環境で、
部活動だけ簡単に辞めるわけにはいかない。

そして負担がのしかかるのは「教師」や「親」。
顧問の講師は朝から晩まで拘束され、
残業代も休日手当もろくに出ない。
親からはプレッシャー。

その親だって、弁当を2個作ったり、
遅く帰ってくる子のために、夜も拘束される。

教師にプレッシャーをかけるような熱心な親もいれば、
つきあわされて迷惑を被る親もいる。

そもそもこんなにガリガリとスポーツに打ち込んでおきながら
日本のスポーツ界って世界的に見て強いのか?

野球はアメリカのメジャーリーグの顔色をうかがい、
サッカーだってワールドカップを見りゃ南米かヨーロッパばかり。

体躯の違いはあるかもしれないけど、
子供にあれだけスポーツを強制しているなら
もっと結果が出てもいいのではないか。

まあ、冒頭のピース綾部は
あれだけの責め苦に耐えて、いま芸能界で花開いているわけだし、
「あの頃の鍛錬に比べりゃ大人の世界なんか屁みたいなもんだ」と
武勇伝を語る大人はそこら辺にいる。

しかしその陰で教師は泣いているし、
部活事故などのトラブルもある。

高度成長期ならいざ知らず、
夜中までこうこうとナイター照明をつける予算が、
いま学校や教育委員会にあるのか。

刑務所のたとえも出したが、
戦争当時の「軍隊」になぞらえることもできるだろう。

その頃の習慣は今は引きずっていない、と言えるだろうか。
滅私奉公を強要する雰囲気になっていないと言えるか。

教師だって人である。
体罰問題、モンスターペアレント問題などで、教師への負担が注目され、
「教師=聖職」というイメージが見直されてきている。

部活動のやり方も、見直す時期に来ていると思うのだが。

|

« ドーナツの油 | トップページ | 酒の味 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/60469427

この記事へのトラックバック一覧です: ブラック部活動:

« ドーナツの油 | トップページ | 酒の味 »