« サッポロビール2年分 | トップページ | 小林亜星CMソング・アンソロジー »

パワードコーヒーと栄養ドリンク

栄養成分を配合した缶コーヒー「パワードコーヒー」を買ってきた。

メーカーは、昼間や深夜にCMを流しまくることでおなじみ「興和」。
製薬会社のイメージがあるが実際は「商社」。
観光地に設置される望遠鏡や、放送局用の機器なども売っている。

というわけでこの缶コーヒーもCMがふんだんに流れている。
A・シュワルツェネッガーやB・ウィリスが出演していて、
お金をかけてPRしたいことがうかがえる。

缶自体に特徴のある凹凸模様がつけられていて、
手触りもサラサラしていて、なんとなく高級感を感じる。

飲んでみる。ローヤルゼリーエキス、エゾウコギエキス配合、
などと謳われていて、そういう「薬効的な匂い」を期待するが、
香りは普通に「缶コーヒー」である。

確かに一瞬それっぽい感じはあるが、
言われなければ分からないだろう。

飲んだところで、元気になった気はするが
「気分の問題」を超えることはない。

なにしろこれは「薬品」ではなく「食品」。
即効性があるわけもない。

ちなみに…。

世間一般で売られている「栄養ドリンク」も、
実際にはそんなものらしい。

栄養ドリンクの主成分は「糖分」「カフェイン」「アルコール」で、
これらは体内に入ると「元気になった気になる」成分だという。

インスタントコーヒーと砂糖とビールと混ぜて
飲めば、極端に言えば栄養ドリンクと一緒だ、としている人もいる。

タウリンとか漢方成分が配合されている栄養ドリンクが多いが、
これらには即効性は期待できないらしい。

要は「効いた気になるだけ」。

ということで、このパワードコーヒーは
それ以上に「効いた気になるだけ」なのだろう、と思う。

ただ、「病は気から」という言葉もあるし、
プラセボとまでは言わないが、
飲んでシャキッとするな気になるなら
それでいいじゃないか、とも考えられる。

ローヤルゼリーエキスが多少でも効く「であろう」なら、
それでいいではないか。
どうせ栄養ドリンクもそんなものなんだし。

むしろ、砂糖がドバドバ入っている栄養ドリンクよりも
健康的だ(無糖タイプならなおさら)。

栄養ドリンクで、元気になった「気になっている」方々は、
一度このコーヒーを試してみてもいいと思う。
市場に残れば、の話だが…。

|

« サッポロビール2年分 | トップページ | 小林亜星CMソング・アンソロジー »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/59936131

この記事へのトラックバック一覧です: パワードコーヒーと栄養ドリンク:

« サッポロビール2年分 | トップページ | 小林亜星CMソング・アンソロジー »