« コールド大関 | トップページ | バイキングのバイ菌 »

老舗の迷走

IBC岩手放送の番組編成が迷っている。
4月に鳴り物入り?ではじめたパブリシティ番組「こびチャン!」を
5月中にひっそり縮小したという。

それまでは月~金で30分間の「ベルト番組」であった。
それを水・木・金の10分間に縮小させたのだ。

30分番組といっても、
番組後半は市販の旅行DVDソフトをそのまま放映して
枠をつぶしていたのだが、それを別番組として分離している。

というか、DVDでお茶を濁すというのもどうかと思うが。

また、同局はTBS系ながら、
テレビ東京の番組を数多く流すことで知られているが、
長らく火曜深夜に放送していた「モヤモヤさまぁ~ず2」は、
この春からTBSの深夜ベルト枠をネット受けするため、
日曜昼に移された。

ただしこの番組は当のテレビ東京でも休止が多いこともあり、
放送されたりされなかったりを繰り返していた。

そして5月末、「6月から水曜午後3時55分に移動します」
という告知がひっそり放送中になされた。

奥さんか帰宅部しか見れない時間帯じゃないのかなぁ、と
首をひねる。

聞けばこの春には「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」は
レギュラーとしては打ち切られたようである。
おそらく不定期放送への移行と思われるものの、
けっこう人気の高い番組と思うのだが…

そして最も不可解なのは水曜午後7時台。
この枠はTBS系でも「ローカルセールス」で、
ゴールデン帯の番組のネット局への拘束が弱い。

全国のTBS系地方局でもこの時間帯は
ローカル番組を編成していることが多く、
IBCも満を持して?参入したというわけなのだが。

その番組というのが、週末の午後に放送していた
旅番組「わが町バンザイ!」を25分間、
そしてそのあと8時までつなぐのが、
「吉田類の酒場放浪記」という。

後者と言えばBS-TBSの超人気番組なのだが、
しょせんはBS番組だし、
午後7時台に飲み歩き番組を流すセンスが分からない。

いちおう、地元酒造メーカーがスポンサーにはついてくれたようだが、
それも番組前半だけだし。

「わが町バンザイ!」を1時間枠で放送するのが適当と思われるのだが
さすがにそこまでやる勇気も体力もIBCにはないようだ。

なお、この両番組は6月以降もこのままのようである。
なにしろ「どちらもブラブラする番組」だから、というので
「水ぶら」と銘打ってPRしているのだから…。

「モヤさま」や「若大将のゆうゆう散歩」
「ぴったんこカンカン」「ぶらり途中下車の旅」など
「ブラブラ番組」がキー局で流行っていることに乗じたのだろうが、
ローカル旅番組と、飲み歩き番組を一緒にするセンスも解せない。

まあ、悪くも悪くもIBCらしい「志家町センス」なのだけれど…。

|

« コールド大関 | トップページ | バイキングのバイ菌 »

岩手県」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/59751045

この記事へのトラックバック一覧です: 老舗の迷走:

« コールド大関 | トップページ | バイキングのバイ菌 »