« 21世紀の落語入門 | トップページ | 弁護士とコーラ »

冬から春へ

盛岡の桜の開花が遅れている。
朝晩の気温の低さが原因という。
確かに、日光は出ているのに肌寒い気はする。

この時期の名物といえば「スイセン」。
あちこちで咲いている。葉っぱをニラと間違えて食べないないように…

そして、このまだ肌寒さが残る時期に
じわじわと群生するのが「ヒメオドリコソウ」。
そのうち、そこら中の原っぱに、
毒々しい紫色が躍ることになろう。

着る服装も難しい。
きょうは外出時にジャケット類を羽織らず、
裸足にクロッグサンダル履きで出たのだが
やっぱりちょっと寒い…。

と思えば、セーターを着ているのに足下はビーサン、
みたいなアンバランスな格好をしている人もいたり。

今月頭ごろは雪もまだ降っていたし、
まだまだ本格的な春はこれから、といったところか。
さて、お花見の予定をそろそろ立てないと…

|

« 21世紀の落語入門 | トップページ | 弁護士とコーラ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/59499578

この記事へのトラックバック一覧です: 冬から春へ:

« 21世紀の落語入門 | トップページ | 弁護士とコーラ »