« ストレス解消は「袋叩き」だった | トップページ | コピー10ってなんやねん »

哀愁をくゆらせて…

とある量販店。
所要で、たばこ売り場の前で待たされる。

最近は、年齢を指さしさせられるらしい。
どう見てもお年の人はやらないようだが、
若く見える人は確認のためってんで、
陳列ケース上の「20歳以上」を指さしさせられるようだ。
なんか恥ずかしいよなぁ…
っていうか、いくらでもごまかせんだろって話だが。

たばこの銘柄。
マイルドセブンは「メビウス」と名を変えているが
今も10以上のバリエーションを誇っている。
無限にひろがるメビウスの輪。
つーか、ややこしいな。

そして今も健在な「わかば」「しんせい」「エコー」。
…というか、安いのね。250円。

「わかば」の隣にあった「ピアニッシモ」なんか440円もする
(っていうか大体の銘柄がそのくらいの値段)。
2本吸ったら88円。チューハイだって1本88円で買えるのに。

ただ、古い銘柄はやはりそれなりのプリミティブなお味らしい。
上級者向けという感じで。

タバコ喫みの習慣があったら、
今頃肩身狭かっただろうなぁ、と。

コミュニケーションのツールにはなるということだけは
知っているけど、だからって吸おうとは思わないし。

今のたばこは哀愁あふれるツール、
自分にはピッタリだとは、思うけどね…

|

« ストレス解消は「袋叩き」だった | トップページ | コピー10ってなんやねん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 哀愁をくゆらせて…:

« ストレス解消は「袋叩き」だった | トップページ | コピー10ってなんやねん »