« 哀愁をくゆらせて… | トップページ | なん中華 »

コピー10ってなんやねん

パソコン用テレビチューナーで録画した番組を、
DVDに焼こうとしたのだが、
どうにもうまくいかない。

エラーメッセージも、DVDレコーダーみたいに
「DVDに原因があります」などと具体的に言ってくれず、
要領を得ないまま、コピー可能回数が減っていく。
DVDが悪いのか、録画データが悪いのか。

いわゆる「コピー10」という奴。
9回までDVDにダビングできるが
10回目で移動できなくなる、という日本独自のルール。

8つ番組をDVDに焼こうととしても、
どこかでひっかかると、その8つの番組すべての
コピー可能回数が1ずつ減る。

最終的にコピー可能回数は「3」にまで減ってしまった。
あと2回失敗したらダビングが不可能だった。

コピー10なんてルールは日本だけ。
CPRMだのなんだのややこしい「技術」が導入されるから、
ユーザは不便をかこつ。

パソコン用TVチューナーもずいぶん難しくなった。
アナログ時代は録画データも単純なMPEGで、
DVDに焼くのも簡単だったが、
デジタル化されてからはかなりややこしくなってしまった。

DVDへのコピーは専用ソフトを使わねばならないのはまだしも、
データ周りも著作権管理でガチガチに固められていて、
チューナーデバイスも、録画時につないでいたUSBと
違うUSBにつないだだけでうまく動かなくなったり。

「著作権者による権利の濫用」、という言葉が、
どんどん減るコピー可能回数の数字の裏に、透けて見えた。

そうか、コピー可能回数って「権利の濫用回数」なのかも…
10回も濫用できるんかいな。

|

« 哀愁をくゆらせて… | トップページ | なん中華 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「あなたは違法コピーしましたね?」みたいな監視社会の小説がありましたが、
あながち虚構でもなくなりそうで怖いですね。
DVDは、一部の番組がまだ焼けておりません…

投稿: ANNEX | 2014.01.21 23:23

まったくだぁ って思っています。

番組制作者(著作権者)からしたらどんどこコピーしてDVDが売れなくなったら死活問題ってのはわかるんですけど・・・・
利用者側からしたら、著作権法が変わっていろいろ画・録音・コピーってどんどん難しくなってくる・・
性能のせいでコピー失敗とか できないとか・・・コピーできないこともイライラしますが、「失敗コピーのために費やした時間を返してくれよ」って気持ちにもなります。

将来怖いなぁって思うのは、インターネットに下手につながっているので、情報収集され、「あなたは○月○日に違法コピーを試みましたね 著作権法違反○○円の罰金になります」なんて表示が画面にでるんじゃないか?って・・・・・不安です。

無事にDVD化できるようお祈り申し上げます。(笑)

投稿: 24ma | 2014.01.21 20:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/58975149

この記事へのトラックバック一覧です: コピー10ってなんやねん:

« 哀愁をくゆらせて… | トップページ | なん中華 »