« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

ストレスの一年

今年も「炎上」の一年だった。
学生バイトの不謹慎なTwitterでそば屋がつぶれたり、
最近でもタレントが政治関係でヘタなたとえ話をやって大炎上したり。

本人が悪いパターンが多いんだけれど、
誰かがたきつけて炎上しちゃうパターンもある。
ほじくり出さなくていいことをほじくって…

炎上のきっかけを探して、
ここだ、と思ったら火をつける。
ネットの放火魔。

ストレスがなければ
そういう行為をしないんだろうけど、
はけ口がないんだろうねぇ。

パソコンの前に座って、
ストレスを解消する手段が
「見ず知らずの他人を攻撃すること」…

つまらんねぇ。
つまらんが、そういう現代人は多いってこと。

ストレスをためないようにしなきゃいかんねぇ。
…と、自分に言い聞かせつつ。

来年こそは、いい年にしたいものである。
毎年言い続けているような気もするが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

炭酸

某店で「ホットジンジャーエール」を購入。
「ホットで飲む炭酸」という、全く新しいタイプの商品。
激ウマ、激マズ…評価が分かれている。

正直、驚くほどの味ではなく「こんなものかな」。
癖になる人はなるだろうし、
もうこんなの飲まん、という人もいるだろうな。

まあそのくらい賛否両論分かれるくらいのインパクトがないと
商品は当たるものではない。

熱い飲み物なのに、ソーダの「清涼感」が同居する感覚は、
なるほど癖になるのもわかる。
個人的には、ゼロカロリーならうれしいかな。

さて、同じ店でたたき売りされていたのが「シュワシュワ」。
炭酸感覚のスナック菓子である。

試験販売だったのかもしれないが
3ヶ月で終売というまさに「幻」の商品。

こちらはただただ悪い評価しか聞かなかったが
食べてみたいとは思っていた。
まさかこの年の瀬に出会えるとは…

で、食べてみると「悪くない」。
コーンスナック=塩味、という固定概念はあるが
ポップコーンだって甘いのとしょっぱいのとあるし。

コーラ味といわれれば確かにそんな気もするが
コーンの方が勝っているかな。

シュワシュワは重曹で表現しているようだが、
さほどのものではない。

要するにコーラ味やシュワシュワする自己主張はあまりない。
クセがないのだ。
…もしかしたら、ホットジンジャーエールのような「クセ」が
この商品には必要だったのかもしれない。

そんな炭酸味の商品2つのご紹介でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男の引き際

昨年の暮れごろ、東京に出張した。
新宿駅の西口に人だかり。
なんだと思って近づいたら、
群衆の中に、猪瀬直樹がいた。

それから1年。
その人は渦中の人となり、やがて消えていった。
「オリンピック」と「おもてなし」の置き土産を残して。

そして「カバンの中には仕切りがある」ことを
世間に知らしめて…。

作家時代にはよくテレビ出演もしていて、
言いたいことをズバズバ言うイメージがあった。

どうでもいい話だが、
朝の情報番組のコメンテーターだったとき、
「カツオもショウガよりワサビのほうが美味しいよね」と
例の「どや顔」で言っていたのを鮮烈に覚えている。

まあ、そんなシーンしか覚えていないんですが。(笑)

いずれ、その「一言居士」が、
都議会で汗をたらして言い訳していた姿は
醜さの極致、としか言えない。

おそらく今後、作家に戻ることも困難なのではないか。
あれで、説得力を失った。

あるいは言いたいことが言えない事情が、
あったのかもしれない。

「黒幕」が、あの元政治家なのは、もはや自明の事実であるが、
その黒幕も、黒幕の内幕を公の場で伝えようという気はないらしい
(重篤な病を得た人ではあるが、まだ意思を伝えることはできるという)。

眼球の動きだけで、巨大グループを統べる能力をもって、
権力をほしいままにしてきた「病院王」が…

子供たちも警察の手のうちに置かれ、
そして猪瀬氏もいよいよ危ないという。

患者を救いたいという信念で病院グループを築き上げたが、
政治に首を突っ込んだことで(突っ込まざるを得なかったのかもしれないが)
足元をすくわれたのかもしれない。

都知事も病院王も、
どこかで早く、手を引くべきだったのだ。
攻めるだけでは、必ずつまずく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見ませんよ

ついついブログをサボってしまう…
アレ書こうかな、でもブログで書くほどのことじゃないな…
なんて思っているうちに鮮度がなくなって書く気が失せる、
というのを繰り返しております。sweat01

年末に向け、DVD/HDDレコーダー
(「ビデオ」みたいな短い名前ないか?)の整理。

テレビっ子だからいろんなものを録っている。
お笑い番組、落語、地元に関する番組、
報道番組、選挙特番、第1回&最終回コレクション…

やしきたかじんみたいに、
家にテレビが何台も並んでいる前でバーボンをあおる…
そんな優雅な生活でもないから、
ちまちまと見て、ちまちまと消す、
あるいはDVDに焼く…その繰り返し。

なかには、見ないまま消すものもある。
今みたいに整理しているときに、
録画済み番組リストから、
「これは見ないだろう」というのを消す。

じゃあなんで録ったんだ、という話なのだが。
「積ん読」みたいなもんか。「積ん録」?

もっとタチが悪いのが、
見ないでDVDに焼いて、それも見ない、というパターン。
いつか見る、とか、
これは保存しないといけない、ってんでダビングするんだけど
いつまでたっても見ない、って言う。
「積ん読」ならぬ「積ん焼き」か?

じゃあ時間空いたら見ればいいんだが、
いま絶賛「あまロス」中で、
第1回から見続けている状態でして。
アキがハートフルから独立して、種市と交際が始まって…
ってこれから面白くなるところなんだよ(笑)

ますます「積ん録」が増えていく年の瀬。
整理していかないとなぁ…
「積ん焼き」でもいいから…ってそりゃダメか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »