« 大吉駅長を見に行く | トップページ | 岩泉線廃線 »

日本一の味

楽天イーグルスが日本一。

中央マスコミは、仙台市内のフィーバーばかりを取材して、
「東北は歓喜の渦に包まれた」的報道を繰り広げている。

隣県は、さほどのフィーバーはないけどねぇ。
イオンなどが多少盛り上がっている程度で。

そりゃ、「東北」を標榜する球団が日本一になって
悪い気はしない。
ただ、大喜びする人もいるだろうけど、
大多数は「あーよかったね」程度の感想であろう。

宮城県の新聞、河北新報はすさまじかった。
日本一の翌日、一面で通常は右にある題字を左に寄せてまで
「イーグルス日本一」を大々的に報じた。

この興奮は岩手県までは伝わらなかった。
残念か、無念か、はたまた当然か。

「東北は一つになった」と喜ぶ向きもあるが、
鼻白む思いもする。

そのことについては以前も書いたので繰り返さないが…。

楽天球団自体の「怠慢」は指摘されてしかるべきだろう。
「東北」を標榜しながら、東北各県の巡業は各県1回ずつ、
青森県に至っては試合ゼロだった
(適正規模の球場がないのも理由のようだが)。

これじゃ、まだまだ楽天ファンは増えません。
巨人ファンのまま。

そねみ交じりで言わせてもらえば。

震災とは無関係に、
「東北」の名をいつもほしいままにする宮城・仙台への不快感は、
ほかの5県はいつも感じているはず。

東北支社、東北本部、東北の中心、東北の領袖…
いつも「東北=仙台」。

東北限定商品はずんだ味か牛タン味。
東北のみなさんのために来ました、といって
仙台に来て東京に帰っていくアーティスト。

半分ねたみで言ってるわけですが。(笑)

「東北が一つに…」「東北が歓喜に包まれ…」
「東北はこれで復興する…」と、
フィーバーにわく仙台の喧騒を見た中央マスコミが美辞麗句。

宮城県外のリアクションなど
ろくに取材もしていないのに。

ものごとの表面だけなぞるのは、
マスコミ、とくにテレビのキー局が得意とするところだから
いまさら何を言ったってカイゼンされることもないけど…。

マスコミに教えられるまでもなく、
仙台市も被災地だってことくらいは知っています。
でも他県にも被災地はあります。

それに、国分町あたりは今でも盛り上がっているって言うけど
他県でそんな話は聞かないし。

「東北の代表」として、
おいしいところをいつも持っていく仙台、宮城。

その「おこぼれ」を預かるだけの他県は、
日本一フィーバーを冷静に見ている。

楽天球団も、中央マスコミも、
そのところ、もう少し目を配っていただきたい。

東北が一つになった方が美しいかもしれないけど、
まだまだ、東北は一つじゃない。
仙台が東北の中心であることに異論はないけれど。

|

« 大吉駅長を見に行く | トップページ | 岩泉線廃線 »

「スポーツ」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/58522306

この記事へのトラックバック一覧です: 日本一の味:

« 大吉駅長を見に行く | トップページ | 岩泉線廃線 »