« 食材で贖罪? | トップページ | 日本一の味 »

大吉駅長を見に行く

杉本哲太トークショーを見に久慈市へ。
「あまちゃん」で北三陸駅の駅長役を好演した人である。

1200人の応募があったそうだ。キャパは(急きょ増やして)700人。
「あまちゃんファン感謝祭」に落っこちたリベンジには成功した。

会場は久慈グランドホテルの大ホール。
まあ、フラットな会場だから当然前はよく見えませんわな。(苦笑)

IBC岩手放送主催ということで、司会は同局の奥村アナ。
海女さんのコスプレ。人妻なのに無理をして…(苦笑2回目)
話を聞いている限り、ドラマはよく見ているようだった。

「駅長」杉本哲太は、会場後方から「ゴーストバスターズ」のテーマに乗って登壇。
ドラマと微妙に異なり、三陸鉄道の車掌の扮装。
この格好で岩手県のPRを行っているからである。

トークショーは不得手とのことだったが、
おしゃべりは上手だった。

ドラマ撮影の秘話、共演者エピソードなど。
鉄道を使った撮影は、列車運行中の撮影であり、
時間に追われての撮影だったとのこと。

ロケ中、出演者陣は連日、久慈の名物「スナック」に通ったという。
小池徹平は次の日が休みだからとテキーラを飲み酔いつぶれたのだそう。
いっぽう、小泉今日子は「ザル」で、飲みに行くと、
朝までテンションが変わらない、という「超人」だそうだ。

能年玲奈は、最近よく出ているバラエティ番組同様、
あんな感じのしゃべり方なんだそうな。

途中からは三陸鉄道の運行部長を交えて、
三陸鉄道復旧についてのお話も。

トークショーは1時間で終了。
駅車庫にて「名誉駅長就任式」があるとのことだったが、
いつ始まるかわからないうえ、天気も怪しかったのでパス。

(調べたら、どうもすぐに式典は執り行われたとのこと。
見に行けばよかったな~後悔)

部長曰く「一日駅長は一日で終わるが、
名誉駅長は今後永久に名誉駅長」とのこと。

久慈駅前はイベントも手伝い、なかなかの賑わいを見せていた。
宇都宮ナンバー、富山ナンバーの車も見た。
「にっくきモータリゼーション~」。
…まあ自分もそれに加担して、盛岡から車で来たんですけどね。

トークショーの質問コーナーで最後に質問をしたのは、
神戸から来たという男性だった。

久慈と言えば閑散…というイメージだった。
「パッとしない町」から、宮藤官九郎が
イマジネーションを膨らませて書いたドラマだったわけだし。

それがこの賑わい。
まあ、駅から多少離れると、見慣れた久慈が残っていたわけだけれど。
ドラマの効果もそう長続きはしないだろう。

…だからこそ、この好機を糧に、
ドラマで一度つかんだ客を離さず、
またドラマに頼らない集客への努力もしていきたいところ。
名誉駅長に頑張ってもらいましょう。

|

« 食材で贖罪? | トップページ | 日本一の味 »

岩手県」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/58507709

この記事へのトラックバック一覧です: 大吉駅長を見に行く:

« 食材で贖罪? | トップページ | 日本一の味 »