« 落語家の通信簿 | トップページ | 「あまちゃん」より「あめちゃん」!? »

「ごちそうさん」ならぬ「ごっつぁん」!?

「あまちゃん」について、
自分なりに総括しようと思っていたが、
そうそうたるお歴々が様々な総括を行っているので、
オツムの弱い自分なんぞおこがましいと思い、やめた。

で、「ごちそうさん」は計2秒しか見ていない自分が
書くのもなんなのだが。

早々に、「ごちそうさん」が「天城越え」ならぬ「あま越え」。
視聴率27.3%をたたき出し、「あまちゃん」の最高である27.0%を抜いたという。(日刊スポーツ

しかしこれには「からくり」がある。
「お膝元」である関西が21.4%という凡庸な数字(でもないが)だったことに秘密があり、
実際は「台風情報」を得ようとした視聴者が、
そのまま「ごちそうさん」に流れたようなのだ。(スポニチ

ただし。
それがなくても、「ごちそうさん」は好発進中で、
連日高視聴率御礼なのだ。
「あまちゃん」が当初は低空飛行だったことに比べると…。

「朝ドラの歴史を変えた!」と散々持ち上げられた「あまちゃん」の後なら、
絶対視聴率は下がると思われていたのに、ふたを開けてみれば、である。

しかし、この高視聴率は「あまちゃん」が支えている、という側面もあると思う。

(1)「あまちゃん」で朝ドラ視聴の習慣がついた

朝の連続テレビ小説、通称朝ドラは、伝説の「おしん」をピークに、
どんどん視聴率は下がる傾向にあった。

そんな中で、宮藤官九郎という「飛び道具」を起用した「あまちゃん」は、
社会現象とまで言われたヒットドラマになった。

8時になったら「朝ドラ」を見る、という習慣をつけた視聴者が、
そのまま「ごちそうさん」を見続けているのであろう。

(2)「あまちゃん」は見ない、と決めていた人々の「反動」

「飛び道具」的なドラマだった「あまちゃん」に反目していた視聴者が、
「朝ドラの王道」的作品である、という前評判で始まった「ごちそうさん」で、
朝ドラに帰ってきた、というパターン。

または、「あまちゃん」が終わったから、
次回作がどんな作品かは知らないけど、まあ見てやろう…という、
"あまノジャク"な人もいるかもしれない。

(3)「あまちゃん」が評判だったから、朝ドラを見てみた

朝ドラを見るという習慣は「あまちゃん」放送期間中もなかったが、
みんな盛り上がっていたから、じゃあ、朝ドラってやつを、見てみよう。
で、「ごちそうさん」で朝ドラデビューを果たした視聴者もいると思われる。

問題は、(4)「あまちゃん」が終わったから朝ドラ視聴はやめる、という人。

自分もこのパターンであるが、こういう人が多い、と思っていたら、
実は案外、みんな(1)だった。

さらに(5)「あまちゃん」は見ていたが、「ごちそうさん」はつまらない、と感じ視聴をやめる
という人も、あまりいない。
Twitterでは好意的な感想が大半のようである。

なるほど、こりゃ「あま越え」するわな。

「ごちそうさん」はその「王道」的内容からみて、
「朝ドラを変える」ほどの存在にはどうやらならないだろうが、
人々の記憶には、残りそうな雰囲気。

「あまちゃん」の後番組、という重圧を軽く「食べて」しまったわけだ。

まあ、2秒しか見てないからよく知らないんですけどね・・・。

|

« 落語家の通信簿 | トップページ | 「あまちゃん」より「あめちゃん」!? »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/58404554

この記事へのトラックバック一覧です: 「ごちそうさん」ならぬ「ごっつぁん」!?:

« 落語家の通信簿 | トップページ | 「あまちゃん」より「あめちゃん」!? »