« 参院選で勝ったのは池上彰 | トップページ | あ »

トライアル盛岡青山店

本日オープンの「トライアル」盛岡青山店に行ってきた。
トライアルは福岡県が本拠地のスーパーマーケット。
北海道から熊本県まで170店舗が営業中という。

青山店は24時間営業で、酒類や薬も取り扱う。

場所は「コンビネーションプラザニットー」1階。
いろいろなテナントが出たり入ったりするビルで、
最近まで1階は「トイザらス」が入っていたが、
イオン盛岡南に移転してしまった。

青山地区と言えばスーパーの激戦区でもあり、
近くには生協やユニバース、ビッグハウスにマイヤといった競合店がひしめく。
そんな場所に全国チェーンが堂々の「岩手初進出」である。

盛南地区に新店を建設する情報は以前から報道されていたが、
ここの空きテナントの情報を察知し、
居抜きを決めてしまったのだろう。

オープンは9時半。開店前は当然のごとく大行列。
チラシも配布されたしテレビCMも少し流れていたので、
それを察知した人々が多数詰めかけた。
夏休み期間でもあり子供連れも多く見られた。

9時半少し前に店は開けられた。
感想としては「淡泊」。
BGMもなく(実際は開店後しばらくして低音量の音楽が流れ始めたが)
壁は真っ白で味気ない。
「これは!」という特徴を期待していただけ、なんとも肩すかし。

オープンセールなのでコーラなどが安く売られていたが
PBも思いのほか少なかった。

ただ驚いたのは、青森や岩手の商品が多数並んでいたこと。
生鮮品はもちろんのこと、南部せんべいのラインナップが結構あった。
岩手初進出でだいぶリサーチをしたのだろうか。

「野菜ソムリエ」資格を持つという某局の女性アナが
テレビカメラを引き連れていて、映らぬように移動。
開店時間にはテレビはこの局しかいなかった。

お米のセール。10キロ2980円とお買い得。
値札には「岩手県産」と書かれていた。
店員は「宮城県産…岩手県産のお米ですよー」と言い間違えていた。
宮城と岩手の区別がつかないということは、ヘルプで来ているんだろう。

レジ前あたりで立っていた店員の名札をチラッと見ると
「東日本新店担当」と書かれていた。さすが全国チェーン。

衣類他のスーパーとひと味違うのは、家電消耗品・DIY関連の品揃え。
メジャーやハンマー、軍手などといった品物がそこそこ豊富
(もちろん専業のホームセンターにはかなわないが)。
カー用品、とくに芳香剤の品揃えもあり、
DVD-Rとかインクジェットプリンター用のインクも一通り揃っていた。

隣にはケーズデンキ、真向かいにはイエローハットもあるのだが
これらの客もいただいてしまおうという寸法か。

思ったほど売り場は広くないのだが、
限られた売り場をプリンタインクや車の芳香剤で占めるあたりは強気である。

この日はポイントカード10倍という大盤振る舞いであった。

さほど離れていないドンキホーテあたりもライバルに捉えているのかも。
スーパー激戦区であるが、実際にはこの店が面する運動公園の並びには
食品スーパーはなく(かなり離れたマルイチくらいか)
隠れた穴場といえるかもしれない。

(追記)
再度訪問。「たのはたヨーグルト」まで置いているとは思わなかった。
店内アナウンスがユーモアがあり
「これを使うとお肌スベスベですよー。あ、私はあまり見ないでくださいね」
といった調子で、レジの店員も笑っていた。

|

« 参院選で勝ったのは池上彰 | トップページ | あ »

「小売業」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

盛岡市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/57943797

この記事へのトラックバック一覧です: トライアル盛岡青山店:

« 参院選で勝ったのは池上彰 | トップページ | あ »