« セアカゴケグモ | トップページ | うなぎの代わり »

ゴミ界の秋元康

以前住んでいた場所のゴミ集積場は
大きなケージになっていて、カラスに襲われる心配もなかった。

燃えないゴミも、
回収日前日の午後から気兼ねなくゴミを捨てることができた
(燃えるごみはさすがに前日捨てはやらなかったが)。

ルール上はマズいんだろうが皆そうしていた。
なにしろケージになっているから誰にも迷惑がかからない。

しかしそうなっている集積場は少数派。
簡素な木枠に、ネットをかけているところがほとんどだろう。
ネットったって申し訳程度で意味をなさない。

カラスは頭がいいからすき間からゴミをあさるし。
まあ「やらないよりはまし」なんだろうけど…。

場所によっては、異様なくらいに「張り紙」をしている集積場もある。
町内会とか自治会とかでやっているんだろう。
そういう世話好きな人っているからね。

「他地区の者は捨てるな」
「奥の方から積むこと」…うるせーな、と思いたくなるが、
地域住民としていろいろひどい目に遭っているんだろう、

その積年の思いが、毛筆で書かれた字から感じる。
雨や湿気でその紙はガビガビで、墨汁はにじんでいる。
迫力はいや増すばかり。

「違反ゴミは中を見て突き返す!!」と脅迫する集積場もある。
それ、別な法令違反じゃね?と思うが…

こういう、「ベカラズ」をゴリゴリと押し付けて
統治をキメる「集積場の秋元康」が、
地域の平和と秩序を守っているのだろう。

でも、黙ってお金を出し合って、
土地を調達してケージを設置した方がいいと思うんだけど。

|

« セアカゴケグモ | トップページ | うなぎの代わり »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/57819928

この記事へのトラックバック一覧です: ゴミ界の秋元康:

« セアカゴケグモ | トップページ | うなぎの代わり »