« やれやれ | トップページ | 「あまちゃん」に見る「ふるさとの良さ」 »

社内公用語は「ダジャレ」

ドミノ・ピザ」が「社内公用語を『ダジャレ』にする」とブチ上げ
ちょっぴり話題になっている(Gigazine)。

米国本社から派遣された米国人社長は
来日して3年、日本語を勉強し
「ダジャレは日本の文化だ」としている。

ネタかマジメかは不明だが
ダジャレの効力を示したパワーポイントまで作る始末。

…まあ、企画自体が「シャレ」なのだが、
痛烈な「皮肉」でもあると思う。

社内公用語を英語にする、と
大まじめにブチ上げる日本人社長がいるのだから。

これら英語を推進する企業は
「日本を飛び出して世界に打って出る」ことを標榜しており、
それに「日本語」は障壁だという「理由」もあるのだけど。

ドミノ・ピザは真逆で、英語の本場からやってきて、
日本語の「本道」?たる「ダジャレ」を推進する、と
これまたブチ上げるわけで。

シャレでもプロモーションでもどうでもいいが、
いずれ、「ニホンゴ」の良さをアメリカ人が教えてくれる、
というこの「皮肉」は、
傾聴に値すると思うのだ。

間違っても「アイロニー」と言ってはいけないよ。
「ひにく」だからね、「ひにく」。

皮肉を言って、ピザを毎日食べてね、ってことかな。
「日に喰う」…

|

« やれやれ | トップページ | 「あまちゃん」に見る「ふるさとの良さ」 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/57661072

この記事へのトラックバック一覧です: 社内公用語は「ダジャレ」:

« やれやれ | トップページ | 「あまちゃん」に見る「ふるさとの良さ」 »