« 志村けんの戦い | トップページ | ローカルメディアについて »

これが天下のAppleか…解決編

以前、iPod Classicが壊れてしまったのだが
Appleの対応がへぼすぎる、と書いた。

らちがあかない、と思い、
iPodを修理してくれる業者を探した。

いくつかある中で、信用できそうな「SMART」に依頼した。
横浜が本社で、都内に店舗網を持つ。

メールで連絡するとすぐに返事が来た。
HPに書いてある通りの価格で修理できるという。

iPodを梱包し、宅配便で送った。
キャンペーンで、送料は受取人負担でいいという。
まあ礼儀として、最安と思われる方法で送ることにした。

到着後に電話がかかってきた。
「部品が未入荷なのでもう少しお待ちください」。

いささかドキリとするが、大人しく待つことにした…のだが、
次の日にはもう「修理できました」とメールが来た。

そしてその翌日に宅配業者が持ってきてくれた。
代引きで修理料を払い、受け取る。

こんもりしたエアパッキンで包まれたiPodは、
もう元通りになっていた。
こわれた部品もご丁寧に添付されていた。
捨てるしかないんだけど、捨てられない決まりなんだろう。

いやいや、助かった。早かった。

でも、なぜこれがAppleはできないのだろうか。

あれだけ威勢も羽振りもよく、信者も多いAppleが、
サポートではあの体たらく。少しがっかりしてしまった。
修理業者の好対応と比べるとなおのこと、である。

まあ、ジョブスがガレージでせっせとコンピュータ
(パソコン、ではない。ましてやMacでもない)を
組んでいた創業当時と比べれば、Appleはあまりに大きくなりすぎた。

古い機種を使い続けるユーザーに付き合っている暇はないんだろう。
なにしろ「イノベーションのApple」だからね。

しょうがない、といえばしょうがない。
パソコンにしては高い高いMacをありがたがってポンポンと買ってくれる
Macユーザーの面倒を見る方が数倍うまみもあるだろうし、
iPhone・iPadの新機種に注力して耳目を集める方が
商売としては上手い(美味い)からね。

まあそんなAppleだけど、iPodてのはやっぱりよくできてるよ。
だって壊れたのを直してでも、使いたいもの。

|

« 志村けんの戦い | トップページ | ローカルメディアについて »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

そうなんですか。
作業はアウトソースして、手間賃だけ取るのかな。
修理する手間・コストを考えれば交換の方が安いだろうし。
大企業ですな。

投稿: ANNEX | 2013.06.08 11:04

いつもブログを拝見しています。
アップルの製品を持っていませんし、使ったことも無いので推測ですが、自社で修理をしていないのではないでしょうか?
外部の修理会社に委託したり、故障の程度が低いものならば、格安で新品に交換するなど・・・!?
以前S社で修理を担当していましたが、安いヘッドフォンは修理をせずに「修理料金」という格安の価格で新品に交換していました。

投稿: てるりん | 2013.06.08 07:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/57544071

この記事へのトラックバック一覧です: これが天下のAppleか…解決編:

« 志村けんの戦い | トップページ | ローカルメディアについて »