« 途切れた線路、止まった列車 | トップページ | これが天下のAppleか »

猫が教える交通安全

自家用車を運転中、曲がり角を曲がったところで、
一匹の猫が、道路を横切ろうとしていたのが見えた。

さほどスピードを出しているわけでもなかったので
減速して停まろうとしたが、
その猫、こちらのほうに気づき、
猫の方が立ち止まった。

普通のノラ猫だったが、
なんと聡明な猫もいるもんだ。

それにひきかえ人間は…

猫に送られた後、
国道に出た。

右折しようと減速したところ、
車がビュンビュン走っている国道を、
高校生が、わずかなタイミングを見計らって横切った。

わずかなタイミングというよりも
そのタイミングすらなく、車に停まってもらうこと前提で渡っているかのように
堂々と道路を走っていった。

自分は鳴らさなかったが、
後続車がけたたましくホーンを鳴らしていた。

チャリンコに乗ってる高校生とかオバさんとか、
おっかない人いますよ。
あと道路を堂々と横切る婆さんとか。

よそ見運転や居眠り運転してたら
間違いなくドーン、ですからね…

だからよそ見運転、居眠り運転は絶対しちゃダメなんだけど、
まあそれにしても歩行者や自転車のほうも、
気を付けてもらいたいもんだ。

でも、学生諸君やお年寄り諸兄って、
自動車を運転する人の気持ちが分かってないんだよね…

あのネコは、クルマの怖さをわかっていたように見えたけれど。

|

« 途切れた線路、止まった列車 | トップページ | これが天下のAppleか »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/57410378

この記事へのトラックバック一覧です: 猫が教える交通安全:

« 途切れた線路、止まった列車 | トップページ | これが天下のAppleか »