« まとめサイト | トップページ | ガリガリ君リッチ・コーンポタージュ味 »

単独デバイスの時代

スマホにはさまざまな機能がある。

カメラ、音楽再生、ブラウザ、ゲーム、テレビ、決済…
そういえば電話もかけられるのだった。

いろいろな機能をギュッと詰め込み、
それだけを持ち歩けば事が済む。
便利だ。

…が、何でもできるといっても、
一度にできることは1つしかない。
電話をかけながら写真は撮れない。
メールをしながらゲームはできない。

音楽を聴いているときに電話がかかってきたら、
やはり一度音楽機能を終了しないといけない。

あっ、あれをカメラで撮ろうと思って
カメラのボタンをタッチしても、
なかなか起動しない。
そのうちにシャッターチャンスを取り逃す…。

あれもこれもできる、といっても、
限度があるのだ。

「なんでもできる=なにもできない」。

「何でも売ってるけど欲しいものは売ってない」という、
昔のダイエーみたいな感じだ。

何でもできる多機能が本当にいいことなのか。

ひとつの機能に焦点を絞った
「単機能デバイス」が見直されるときが
来るのではないか、と思う。

携帯電話やスマホでは、カメラ機能を使おうと思うと、
電源ボタンを押し、カメラボタンをタッチする必要がある。
しかも、すぐには起動しないこともある。

いっぽう、単機能デバイスは「スイッチを押せばすぐに起動し、使用できる」。
たとえばデジカメがそうだ。

また、パソコン化したスマホはフリーズが起こるが、
単機能デバイスではその可能性は低い
(後ろではOSが働いているのでゼロではないが)。

iPodとカメラと携帯(今はスマホだが)を同時に持ち歩けば、
音楽を聴きながら写真を撮ったり、メールできたりする。

スマホをカーナビ代わりに使うこともあるが、
カーナビにすると音楽再生はできなくなるし、
電話がかかってきたらパニクる。
やはりカーナビは専用カーナビに任せるのが一番だろう。

日本にはいい言葉があるではないか。
「餅は餅屋」「器用貧乏」。

|

« まとめサイト | トップページ | ガリガリ君リッチ・コーンポタージュ味 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/57320771

この記事へのトラックバック一覧です: 単独デバイスの時代:

« まとめサイト | トップページ | ガリガリ君リッチ・コーンポタージュ味 »