« 若干の余裕 | トップページ | 瓦礫 »

帰ってきた男

どうせ明日のテレビは
「ナインティナイン矢部浩之ようやく入籍」で一色となるだろう
(ネット配信はリアルタイムで見ていたので正直驚いたが)。

「堀江貴文氏仮釈放」は、すっかりかき消されてしまったが、
入籍のニュースまでは、本日の大きなニュースであった。

記者会見にも応じた堀江氏。
プリズンダイエットですっかりやせ細ってしまった、
というか、かなり老けた印象。

入所前の強気な会見はどこへやら、
「罪は認めます」「反省しています」と、
あのホリエモン、ずいぶんしおらしくなってしまった。

まあ、仮釈放だからめったなことは言えないのだろうが。
ただ、検察批判めいたことはしていたが。

いずれ、ふてぶてしいのが堀江節の本分。
仮釈放の期間が過ぎれば、
そのしおらしさをかなぐり捨てる行動に走ることは想像に難くない。

資金もまだまだたっぷりある。
世間の度肝を抜くための画策を、
たくさんの友人たちと計画するのだろう。

それでも企業買収については懲りただろうから、
また別な方法で世間をあっと言わせる腹積もりだと思う。

怖いのは、自分を追いつめた「日本国」への逆襲。
欧米なり中韓なり、日本以外の国と組んで、
何かをやらかすのではないか、という懸念である。

本気で宇宙を目指していた堀江氏。
日本など眼中にないかもしれないのだ。

おりしも、西武グループの買収をアメリカの投資ファンドが狙う、
というニュースが駆け巡った日でもあった。

その企業買収、ライブドア事件でさんざん勉強させられたクチである。
そのライブドアもいまや韓国企業の傘下。

堀江氏が見つめる先はどこにあるのか。
あのギラギラしていた目は、
だいぶおとなしくなったようには感じるが、
心の中ではいろんなものが煮えたぎっているのかもしれない。

「過去の人」と切り捨てようと思ったが、
やはりまだまだ、目の離せない人物である。

|

« 若干の余裕 | トップページ | 瓦礫 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/57046889

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきた男:

« 若干の余裕 | トップページ | 瓦礫 »