« ピースフル・ブラック | トップページ | テレビ東京の大英断 »

野菜に罪はない

福島県の農家がインターネット販売を続け、
今春には東京にアンテナショップも開くという。(毎日

数値をきちんと測り、放射性物質は不検出という。
しかし業者は相場の半額でしか買い取れない、とつれない。

中傷は今もやまないそうだ。
「放射能を首都圏に持ち込むな」というよくあるものもあれば、
中には「殺すぞ」というメールも届くという。
ひどいものだ。

ネット上では、Twitterやブログなどを使い、
過剰なまでに放射能や福島原発関連の情報を集め、
東日本や東北を忌避する書き込みを繰り返す人物が何人もいる。

やっかいなのは、それが一定の支持を持っているということだ。
いわゆる「放射脳」と呼ばれる層であるが、
本人たちは正義のつもり、というからさらに厄介だ。

小さい子供を持つ母親などは、
放射能の情報にとくに振り回されやすく、
一時はかなり先鋭化していたものだが、
最近は沈静化している、と思っていた。

しかし、「殺すぞ」というメールを農家に出す、
なんていう実例を聞くと、
まだまだ「敏感」というより「過敏」「過剰」に
「清潔」を求める人々はいるのだな、と思わされる。

どっちが「心無い」か、そんなメールを出す人に聞いてみたい。

でも、実際そんなことをいう人がいるのか、と思っていたら、
これがいたのである。

福島県が学校給食に地元食材を使う、というニュースに、
西日本在住の僧侶が「人殺しだ」と発言しているのだ。
130306

いさめる発言も軽くいなしている始末。
人心を救うはずの僧侶が、とんだ「生臭坊主」ではないか、と
聞いてあきれるのだが、
僧侶の心すら乱してしまう「放射能」の罪深さ、言葉も出ない。

安全を粛々とアピールしていくのみである。

|

« ピースフル・ブラック | トップページ | テレビ東京の大英断 »

「ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/56902007

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜に罪はない:

« ピースフル・ブラック | トップページ | テレビ東京の大英断 »