« 落語言いたい放題 | トップページ | XYZ水沢日高 »

行きにくい被災地だからこそ…

震災からまる2年。

被災地が新聞・テレビで取り上げられることも
少なくなってきた。

マスコミが「被災地」と言ったときに、
なんとなく「宮城県」のことが多いような気がする。

とくにアーティストなんかは「被災地支援」「東北を応援」と言って
仙台市で公演することが多いのだけれど、
被災地は仙台市だけじゃありませんよ、と言いたくもなる。

まあそのアーティストのファンなら矢も楯もたまらず、
どこからだって駆けつけるんだとは思うけれど。

テレビの取材でも、「石巻市」がよく登場する。
仙台から近いので東京から行きやすいし、
被災状況のすさまじさから、いい「絵」が撮れる、ということなのだろう。

新聞も、とくに日経新聞なんかは石巻市や気仙沼市のことを
取り上げることが多く、岩手県や福島県のことを掲載する例は多くない。

被害の大きさは岩手や福島も同様なんだけれど、
岩手の被災地は遠いし、福島の被災地は誰も行きたがらない。
で、テレビや新聞に登場する被災地は宮城県が多くなる。

とはいえ。
もとより宮城は人口も多いし産業も豊かで、
それは被害規模の大きさにもつながっているわけで。

それに、マスコミの取り上げる被災地がたとえば全部岩手県になったら、
それはそれで不公平だし。

ただ、以前もいったが被災地同士も競争はある。
アピールもしていかないと、
見向きもされずに復興なんて夢のまた夢に…。

|

« 落語言いたい放題 | トップページ | XYZ水沢日高 »

「ニュース」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/56949203

この記事へのトラックバック一覧です: 行きにくい被災地だからこそ…:

« 落語言いたい放題 | トップページ | XYZ水沢日高 »