« キフ・ミー・マネー | トップページ | 動く、コンビニ業界 »

「気味の悪い男」の作り方教えます

遠隔操作事件で男が逮捕された。
過去の逮捕歴もあることがわかっている。

「劇場型犯罪」と言われた、
過去のマスコミをあざ笑うような行動に対し、
意趣返しのような報道が行われる。

気弱そうな表情の映像とともに、
「猫カフェに入り浸る男」「友人のいない孤独な男」
「とにかく気味の悪い奇妙な男」を
印象付けるかのような報道が繰り返されている。

こういう容疑者が現れるたびに、
マスコミはすぐ容疑者の人間性を疑うような報道に終始するのだが、
どうにもマスコミ人の「"普通"の人間の中に潜む異常者」を
抉り出そうとするところにはいつも違和感を感じる。

そしてマスコミ自体が「我々は"普通"の人間の代表だ」
みたいな姿勢も気に食わないのだ。

容疑者の肩を持つわけではないが、
まだ「容疑者」であって「犯人」と確定したわけでもない。

それなのに、「猫カフェに通う30男」…マスコミはこれだけで、
「気味の悪い犯人」を作り出すことに終始するわけである。

誰でも、「変わった趣味」「変わった性格」を持っていて、
「容疑者」になっただけで、
「気味の悪い犯人」にされるおそれはある、ということだ。

よくあるのが「近所づきあいもしない気持ち悪い男」。
マスコミ側の記者やアナウンサーやら、
おたくら、ちゃんとした近所づきあいしてます?

昼夜逆転した生活で、
休みの日には家でゴロゴロするのが関の山でしょうよ。
それで自分の素性を明かしてなければ、
あんたらだって「あそこに住んでる人、気持ちが悪い」ですよ。
たとえ「一流テレビ局に勤務している人」であっても…

今回、テレビ各局が逮捕前に容疑者の映像を撮影していることから、
警察の情報漏えいも指摘されている。
正直こういうことは昔から行われていたと想像できるが、
マスコミの「印象操作」が裏目に出てしまったともいえる。

思い上がるな。

|

« キフ・ミー・マネー | トップページ | 動く、コンビニ業界 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/56748876

この記事へのトラックバック一覧です: 「気味の悪い男」の作り方教えます:

« キフ・ミー・マネー | トップページ | 動く、コンビニ業界 »