« 最強のおしり | トップページ | 「気味の悪い男」の作り方教えます »

キフ・ミー・マネー

またWikipediaが金乞いしている。

たまに画面上部に、要するに「我々はお金がない。寄付を願う」
という表示が出てくるのだ。

金儲けに関しては天文学的な位置に達したGoogleやAmazonとはえらい違いだ。

確かにWikipediaは広告も出ないし、誰からも「利用料」は取っていない。
金銭的なスポンサーがいないことが、強みでもある。
ただその代わりに薄く広く「寄付」を求める、ということなんだろう。

利用者全員が1回ずつ寄付してくれればもうこの画面は出ない、と言う。

でも最低単位が「1000円」は、ちと高いな。
確かに1000円分は使ったと思うけど。
500円なら考えるけどねぇ。

「ドネーション」というのも、アメリカ的感覚だ。
日本人はあまり「寄付」ということに関心がない。

せいぜいお店の片隅に置いてある募金箱に、
「ジャマだから」と1円玉や5円玉を入れるくらいだろう。

たとえば「ウィキペディアTシャツ」「Wikipediaマグカップ」
みたいなものがあれば喜んで買うんだが、
どうも運営者側は「どこの企業とも結託したくない」のか、
ペイパルの寄付にこだわっているようだ。

やっぱりWikipediaも「アメリカの企業」だな、と思う。

※寄付 - Wikipedia

|

« 最強のおしり | トップページ | 「気味の悪い男」の作り方教えます »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

その他にチェックして、缶コーヒー1杯分の\120寄付してみた。すぐに御礼のメールが届いたよ。

投稿: Loctite | 2013.02.09 21:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/56727059

この記事へのトラックバック一覧です: キフ・ミー・マネー:

« 最強のおしり | トップページ | 「気味の悪い男」の作り方教えます »