« ペニオクの「体」 | トップページ | 成果主義と賞味期限切れのソース »

マルイチ・ウィングフードマーケット

衆院選投票日の今日、
盛岡市の中堅スーパー「マルイチ」が
盛岡の町外れにオープンさせたショッピングモールに行ってきた。

もともとはジョイスの大型店「スーパーセンターみたけ」があったが、
昨年、震災を理由に閉店していた。
建物もすべて取り壊された跡地をマルイチが確保、
オープンさせたのは、すべて平屋のショッピングモールであった。

当地は近隣にスーパーマーケットが林立する「激戦区」。
進出にあたり、マルイチは既存ポイントカードを捨て、
新規ポイントカードを導入するという「離れ業」に打って出た。

店内に入ると、まず「広い」、そして「薄暗い」。
マルイチは中規模な店が多く、そしていずれも明るいのだが、
この店はさすがに新規業態ということもあり広く、
そしてLEDを導入しており、そのため明るさが押さえられていて、
一瞬ジョイスを想像してしまう。

まず、「ウィングポイントカード」を作る。
先述通り、これまでのマルイチポイントカードは使えない。
聞いたところ、新しいカードに統合も検討されているようだ。

今までのポイントカードはキャッシュカード並みの厚さだったが、
新ポイントカードは下敷き程度。
目新しい機能としては、店内の隅に置かれたスロットマシーンで、
来店ポイントがもらえるというところか。
ヤマダ電機やユニバースがやっているのと同じようなものである。
やってみたが、タッチパネルを何度も押させるのがやや面倒かな、と思う。

店内は見通しよく、棚は低め。
鮮魚売り場に「田清魚店」が、
いわゆるコンセッション(コンセ)として入ったのが目新しいところ。
マルイチプロパーの鮮魚売り場より価格帯は高めであるが、
専門店ならでは新鮮さでアピールしている。

マルイチの売り場自体は他店同様で、
「CGC」はもちろん、「美味安心」も置いてあった。
店員の愛想悪さも同様だったのが、少し残念だったが…。
検品している男性店員は客が近づいてもガン無視だったし。

酒売り場はさらに一段暗くなっていて、
ワイン売り場も充実していた。
このあたりは、酒店上がりのマルイチらしいところである。

その他テナントとしては、ツルハ、ダイソー、クリーニング。
マルイチ自体は他でセリア店舗をやっているが、
近隣地にセリアの店もあることから、ダイソーを選んだようだ。
ツルハ、ダイソーともに規模は中くらい。

すぐ近くでマルイチがFC運営していた「業務スーパー」も、
ウィングからツルハを挟んだ場所で再スタートしていた。
城西の本店では一時期マルイチと業務スーパーを融合させたこともあったが、
結局は分離したほうがうまくいく、ということか。
新鮮なものはマルイチウィングで、
そして買いだめするものは業務スーパーで…という「使い分け」をしてほしい、
ということであろう。

なお、マルイチは旧態依然としていたWEBサイトを
これを機に刷新、近代化したサイトを公開した。
それにしちゃ「工事中」ばかりだけど。

城西店は新規に「Maruichi」のロゴを取り入れたが、
ウィングは「マルイチ」のまま。
このちぐはぐさもマルイチらしいといえば、そうなんだが…

いろいろ文句は言ったが、ドラッグストアに100円ショップ、クリーニングと
基本を押さえたテナント構成で、アクセスも悪くはない。

シティ青山後のビッグハウスと印象が似ているのが、
どうかな、という気はしたものの、
ジョイスも捨てた激戦区、マルイチがどう勝負していくのか、気になるお店である。

|

« ペニオクの「体」 | トップページ | 成果主義と賞味期限切れのソース »

「小売業」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

盛岡市」カテゴリの記事

コメント

私も初日に行ってきました!
なんとなくですけど、マルイチ応援したくなっちゃいました(笑)

投稿: ジャギ | 2012.12.19 06:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/56330622

この記事へのトラックバック一覧です: マルイチ・ウィングフードマーケット:

« ペニオクの「体」 | トップページ | 成果主義と賞味期限切れのソース »