« 天使と悪魔 | トップページ | スジャータ »

板東英二の“再ブレイク”

板東英二が所得隠しで追徴課税された。
申告漏れは総額8000万円に上るようで、
15年にわたり架空取引をでっちあげるなど、
悪質な手口だったようである。

板東といえば、司会者としての旬を過ぎ、
仕事の量も落ち着いてきた近年になって
「ゆで卵」をキーワードに、「おマヌケおじさん」的なポジションで、
「再ブレイク」を果たし、ちょこちょことテレビには出ていた。
4年前に当ブログでも触れている。

以前から「カネにがめつい」イメージもあり、
むべなるかな、という「笑い話」と言えなくもないが、
それにしては金額も大きく、やり口もあくどさは否めず、
「悪質な脱法行為」のそしりはまぬがれない。

申し開きも出来ないと思っているのか、
報道後もコメントは出していない。

地元・名古屋のテレビからはすでに「三行半」をつきつけられており、
進行役を務める番組は放送休止に追い込まれ、
生番組のコメンテーターも降板。

すでに収録したテレビ番組がきょうも全国ネットで放映されたが、
「〇月〇日に収録したものです」という
お決まりのテロップが挿入されていた。

長年レギュラーを務めてきた「世界・ふしぎ発見」も、
おそらく降板することになるだろう。

徳島商業のエース、中日ドラゴンズ、
「金曜日の妻たちへ」、「マジカル頭脳パワー」、
そして「ゆでたまごおじさん」…
“華麗なる経歴”は、これで水泡に帰した。

近いうちにまた復帰するだろう、という見立てもあるが、
謹慎は数ヶ月ではおさまらないだろう。
それに、「すいませんでした、ごめんなさい」で
済むような金額でもない。

確かにがめついイメージはあるが、
それでも「脱法行為までして蓄財する」ほどの
悪いイメージではなかったはず。
実際にしたこととの落差がありすぎるのだ。

高額な追徴課税を支払ったようだが、
代償は、あまりに大きかった。

板東のブログのタイトルは「ブレイクしたいねん」。
休むという意味のブレイクになってしまった…。

|

« 天使と悪魔 | トップページ | スジャータ »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/56420567

この記事へのトラックバック一覧です: 板東英二の“再ブレイク”:

« 天使と悪魔 | トップページ | スジャータ »