« 融通の利かない宅配業者 | トップページ | 岩手でカーナビに困ること »

アニソンワールド2012inえさし

すでに1週間経過しているが、備忘録として…。
11月25日、奥州市江刺区「ささらホール」にて観覧。
チケットはもうだいぶ前に確保してあった。

ささきいさお、水木一郎、堀江美都子のアニソンの大御所3名がそろい踏み、という
なんとも豪華なステージである。

会場となる奥州市江刺区(以前の江刺市)といえば
「ド田舎」「田んぼ」のイメージ。
盛岡市も似たようなもんだがね。
岩手県南部にあたるが、盛岡市からは意外に近く、車で90分で到着。

ささらホールは後方座席のみ据え付けで、
チケットを取った前方座席はフラットフロアにイスを置いた形であった。
座席に座ると、前の列3名が絵に描いたようなデブのヲタク。
しかも体デケーし、アタマもデケーし…
ただ、イスの配置の絶妙さか、ステージ上の歌手はなんとか見えた。

ロックライブのように照明ビカビカ、音響ガンガン、
なのに歌うのはアニメソング…ということで、
独特の空気感と高揚感が会場を包み込む。

E.YAZAWAのライブよろしく、
曲に合いの手を入れたり、拳を突き上げたりするのを
強要される感じなのかな…と思っていたが、
確かに「お約束」をやるファンもいた。

ただ場所柄か、それとも空席埋め動員か、
年齢的にちょっと上に見える奥さま方や、
どう見ても場違いな爺さんとかもちらほら見かけたので、
「お約束」をやらなければいけないような感じはなかった。

「アニキ」水木一郎はテレビでも何度もお見かけするが、
おしゃべりは確かにあのまんまのC調な感じ。
しかし歌に入るとこれが凄い。
「マジンガーZ」「コン・バトラーV」なんて、
何十年も前の歌なのに、声質が変わってない。
しかもそんなアップテンポな曲をバンバン歌うんだから。

「ミッチ」堀江美都子も凄かった。
高校生(だったかな?)のときに歌った「アクビちゃん」、
つまり「ハクション大魔王」、恐ろしいほど昔のアニメだ。
そこから今の年齢をある程度類推できるわけだが、
ティンカーベルのような衣装を着こなし、
弾けるような高音を響かせる。
「動」の水木アニキに対し「静」で見せていた。

「動」というより「堂々」だった、ささきいさお。
すでに70歳というが、
腰回りキレッキレのダンスがすさまじかった。
やはりゆったりした曲を中心に選んでおり、
期待していた「ジャッカー電撃隊」はさすがに歌ってくれなかったが、
「新造人間キャシャーン」は、納谷吾朗のナレーションまでやってくれた。

「プロゴルファー猿」(水木)は、
岩手だと放送当時はやってなかったな…とか、
そんなことも思い出しながら。

♪ま~どをあけ~ましょ、ルルール、
「サザエさん・火曜版」(堀江)については
岩手県ではフジ系が開局するまで本放送版をやっていなかったので、
非常に耳なじみがあった。

デュエットコーナーでも楽しませた。
もちろん功兄&ミッチは「ゴレンジャー」であった。

最後はお約束のアンコールで3人が勢揃いして
「宇宙戦艦ヤマト」を歌って幕。

「東北合神ミライガー」を披露した水木アニキ、
秋田のヒーローもの「超神ネイガー」の主題歌も歌っており、
東北地方への思い入れはひとしおのようで、
トークでも震災のことについて触れていた。

いさお兄は何度も歌詞を間違え(これもお約束だそうだ)、
水木アニキにやんわりツッコまれ
「水木はプロンプターを見てるから間違えないんだ」と逆襲されるなど、
楽しい楽しい2時間であった。
また来てほしいねぇ。

(補足)1週間経過したのでほとんどうろ覚え。
細かい構成は、神戸でのコンサートの様子を紹介している
天下御免のすっとこどっこい」を参照のこと。
桜 稲垣早希が出ている以外は構成は大体同じである。

|

« 融通の利かない宅配業者 | トップページ | 岩手でカーナビに困ること »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/56234408

この記事へのトラックバック一覧です: アニソンワールド2012inえさし:

« 融通の利かない宅配業者 | トップページ | 岩手でカーナビに困ること »