« テレビは昔に戻るべきか | トップページ | 申し訳ない »

食のハードパンチャー

遠野市に行ったら、食事で必ず立ち寄るのが
食堂「伊呂波」。

中に入ると至って普通の食堂なのだが、
「味とボリュームの店」と標榜する通り、
とにかく盛りが多い店である。
客の95%は男。女性が入っていたのは1回しか見たことがない。

接客をするのは2人のオバちゃん。
奥のキッチンにはオジさんもいるようであるが、
声しか聞いたことがない。

カウンターは3席しかなく、
イステーブル4つと小上がりのテーブル2つ。
混んでいるときには相席もあると思う。
それと禁煙ではないので注意されたし。

名物は「とん吉ラーメン」。
とろみのついたピリ辛スープのラーメンであるが、
そこは「盛りの伊呂波」、本領発揮。
洗面器のような大きさのドンブリに入って出てくる。
しかも小盛りながらお茶碗に白めし(+お漬け物)のサーヴィスまで。
もちろん普通のラーメンもある。

先日は「お得なセット」としてプッシュされていた、
「天丼セット」750円にトライしてみた。
天丼+麺類のセットで、麺はラーメン、そば、うどんから選べる。
まさに「炭水化物のラッシュアワー」である。

お腹もすいていたので、なんと「天丼+ラーメン」をチョイスしてしまった。
しかしこれがまた…。
天丼は普通盛り、ラーメンも普通盛りで出てくる。
どちらかが小盛りじゃないんですよ。

「普通+普通」なのだから、一緒に食べれば大盛以上なのだった。
これはものすごいハードパンチだった…。

天丼は揚げる音も聞こえてきたので、
揚げたてであることはまちがいない。
サックリとした野菜天ぷらが美味。

そしてラーメンはスタンダードな味わいだが、
これ以上濃厚では天丼に合うまい。
いや、そもそも天丼にラーメンを合わせること自体が
異種格闘技戦の様相なのであるが、
あっさり味のラーメンだからスルッといけてしまう。

いけてしまうのだが、やはり我々素人には、
アントニオ猪木×モハメド・アリの戦いは高度すぎる。
もうすぐにおなかいっぱいになってしまった。

しかし残すのはダメだ、と教え込まれた昭和の子は、
無理をしてどうにか完食するのだった。
もちろんサーヴィスの漬け物まで。

「世紀の凡戦」どころか世紀末決戦を終えた気分で、
オバちゃんに750円を支払って店を出たのがちょうど12時。

仕事を終え、盛岡市の自宅に帰宅したのが夜7時だったが、
まだ何も食べる気にならなかったもんね。
まさに「食のハードパンチャー」、伊呂波で
次はどんなマッチメークをしようか、
いまからとても楽しみ。

というわけで、どぶろくよりも河童よりもジンギスカンよりも、
個人的には伊呂波が「遠野の代名詞」なのである。

|

« テレビは昔に戻るべきか | トップページ | 申し訳ない »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/56138735

この記事へのトラックバック一覧です: 食のハードパンチャー:

« テレビは昔に戻るべきか | トップページ | 申し訳ない »