« パチンコ屋の広告費 | トップページ | 適質の敵失 »

売れるものを作ろうよ

立ち寄ったスーパーで
「震災復興フェア」みたいなコーナーがあって、
「被災地の方々が作った」という品物が売られていた。

ちょっと見てみたんだが、
ほしいものがないのね。
実用的じゃない「グッズ」系ばかり。

素直に「売れる」ものを作った方が、
被災された方々にとってはプラスになるはずなのに…

「被災地の方々が心を込めて作りました」。
「素直」なだけでは、消費者はそっぽを向く。
震災から時間も経過し、
もう同情を買うことはできない。

正直、「グッズ」を作るのは、
マーケティングとか消費者動向とか
よく知らない主婦とかだろうから、
「置けば誰かは買ってくれる」と思って、
誰も買ってくれないようなものを作ってしまうのだろう。

で、売れ残った「グッズ」たち(しかもご丁寧に目や口がついていて、
「誰かボク達をもらってください」と訴えている)は、
お店の人や関係者が、イヤイヤ買い取るんだろう。

なんだか気の毒。

グッズ作りの主婦達に
「あなたたちは、客としてこれがほしいですか」と、
現実を突きつけるようなことができる人が、
そばにいてくれればいいんだけどねぇ…。

|

« パチンコ屋の広告費 | トップページ | 適質の敵失 »

岩手県」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/56095898

この記事へのトラックバック一覧です: 売れるものを作ろうよ:

« パチンコ屋の広告費 | トップページ | 適質の敵失 »