« なぜ、タイトルだけで人は新書を買ってしまうのか?それとも買わないか? | トップページ | 融通の利かない宅配業者 »

ビッグハウス青山店

とうとうこの日がやってきた…といっても昨日の話ですが。
「ビッグハウス青山店」が開店したので行ってきた。

「シティ青山」が緩慢な死を迎え閉店したのが3年前。
2年前に「ビッグハウス」の建設が決まっていたが
その後も進展はなかったのだが、
古い建物がなくなって更地になって新しい建物が…と、
あれよあれよで23日に開店の運び。

広大な駐車場。ダイエー時代も広大な駐車場を誇っていた。
そしてそれはいつも埋まっていた。
あれから幾星霜…

ビッグハウスはベルプラス運営。
言わずと知れたディスカウントスーパー。
近隣では国分通りに店があったがさすがにここからは遠い。

とはいえ、この青山エリアはスーパー激戦区。
マイヤ、いわて生協、ユニバース、ジョイス…
そこにあえて割って入ったわけだ。
競合店は各自対抗セールにいそしんでいたようである。

店内は至って普通のビッグハウス。
店員の接客も、どっちかというと愛想が悪い方になる(特に男)。

「一物三価」がウリの、まとめ買いを想定した店だ。
どこかのバアさんが、ある特定メーカーの醤油のありかを店員に聞いていた。
地元系の中小メーカーの品。当然、あるわけない。
そういうきめ細かい品揃えをするような店ではない。

流儀に従ってどっさり食料品を買い込み店を出る。

広大な敷地にはテナントもたくさん。
ツルハドラッグ、100円ショップ・セリア、着物屋、パソコン教室、美容室…
フィットネスクラブだけは間に合わず、いまも建物が建設中であった。

そういえばシティ青山時代は
ダイソーがあったり、サンドラッグがいた時代もあったな…と昔話。

ツルハは近隣地からの移転。
以前は元デンコードーの店舗に居抜きで入っていたが、
駐車場のためにセットバックした店舗で、やや目立たなかった。
移転後のここはロケーションとしては最高だろう。

セリアは地味に店舗数を伸ばしている。
どちらかといえば女性客を意識した営業をしている。
若い主婦層にはダイソーよりもウケがよい。

で、ミセスたちはビッグハウス、ツルハ、セリアを賢く使い分けるのだろう。
たとえば石けんや洗剤はこの3つの店すべてに置いてますからね。

でかいビルだったシティ青山と比べ、
平屋建ての建物が並ぶ構造で、
駐車場からは周りがよく見渡せるようになった。

道路を挟んだ向こう側にある、モスバーガーがあるショッピングモールやら、
回転寿司店との相乗効果も期待できそう。
よく考えられている。

まあ正直言って、店のラインナップからすると
新味はさほどないし
着物屋やパソコン教室は、あれっ…という感じはするけれど、
3年半の間、廃墟あるいは空き地だった当地に
商業施設が戻ってきた意義は大きい。

|

« なぜ、タイトルだけで人は新書を買ってしまうのか?それとも買わないか? | トップページ | 融通の利かない宅配業者 »

「小売業」カテゴリの記事

盛岡市」カテゴリの記事

コメント

次はいよいよマルイチですね!

投稿: ジャギ | 2012.11.29 01:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/56182846

この記事へのトラックバック一覧です: ビッグハウス青山店:

« なぜ、タイトルだけで人は新書を買ってしまうのか?それとも買わないか? | トップページ | 融通の利かない宅配業者 »