« 朝日さわやか寄席 | トップページ | どうして落語ブロガーは無粋なのか »

他人事

東日本大震災に起因する、福島原発事故で、
東北や関東地方は放射線量の増加に襲われている。
我が盛岡市は沖縄県よりも低い数値なのだが、
県南部は比較的高い数値が出ている。

震災、というか津波による瓦礫受け入れは
一進一退、受け入れる自治体もあれば、
拒否する自治体もある。

いわゆる「住民の声」というものだが、
「受け入れないで!」という声はとても大きいのに、
「受け入れましょう!」という声は聞こえてこない。
聞こえてこない、というより、聞こえにくいのだろう。

西日本在住で「瓦礫受け入れるな! 原発ゴミを拒否せよ!」と
主張する人たちが、よく言うのは
「瓦礫ではなく人を受け入れるべき」という言い分。

「瓦礫を堤防や建築物に使えば、地元の方々の役に立つ」
という主張も、よく聞く。

これらは、耳障りはいいが、
結局は「他人事」なんだろうな、と思わされる言い方だ。

人を受け入れましょう、というのは「余計なお世話」であろう。
土地に執着ない人もいるが、
住み慣れた土地を離れたくない人だっているはずだ。

気候だって違う。「西日本は東北みたいに雪は降らないから住みやすい」
と気軽に言うのだろうが、それだって余計なお世話だ。
食べ物だって違ってくるし、方言も文化も違う。

住めば都だろう、と言うのは勝手だが、
翻って自分たちが何らかの災害に遭ったとして、
気安く「こっちに来ればいいじゃないか」と言われたら、
どう思う?

「瓦礫は、地元で使った方が…」
というのは、“バッチイ”瓦礫を受け入れたくないがための
完全な「おためごかし」が見え見えで、見苦しい。
人間の下劣さが出る表現だ。

そりゃ、危ない数値の出る瓦礫は、
圏外に出すべきではない。
しかし、過剰な忌避は、ただの感情論だ。

数値を計測して、「安全だ」と言っているのに、
その計測した装置すら疑い、作業を妨害したりするのに、
「東北は穢れている」という信念は疑わない。
醜いことこの上ない。

岩手はお願いする立場だから、
「いいから黙って受け入れろ!」とまで言うことはできない。
受け入れてくれる方々に、感謝するのみである。

しかし、下劣な拒否運動には、へどが出る。

放射線被害は、物理的なものだけでなく、
精神的にも、日本人を分断しようとしていると思うと、
悲しいものがある。

|

« 朝日さわやか寄席 | トップページ | どうして落語ブロガーは無粋なのか »

「ニュース」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

コメント

受け入れ派が絶対に正義だ、というつもりはないのですが、
拒否派は「差別意識」がまず念頭にあり、
そのためにいろいろ言葉を用意しているというだけのことで、
魂胆が見え見え。
ベビーカーに赤ん坊を乗せて炎天下を歩き回ったり、
そっちのほうがよほど子供が気の毒です。

投稿: ANNEX | 2012.09.11 22:14

まったくです。
放射能の測定値が安全値でも「政府の言うことは信用できない」なんて言ってる人達。
震災前は放射能の測定なんてロクにしていなかっただけで、元々、至る所の放射能の測定値は高かったのかもしれないのに・・・。
「震災前は安全値だった」ということは信用するんですねぇ。
そんなに政府の言うことが信用できないなら、日本に住んでいられないと思うけど(苦笑)

投稿: てるりん | 2012.09.11 11:41

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/55629455

この記事へのトラックバック一覧です: 他人事:

« 朝日さわやか寄席 | トップページ | どうして落語ブロガーは無粋なのか »