« 落語インテリゲンチア | トップページ | 魅力なき野党 »

中吊り、液晶、無人駅

盛岡駅から、久々に電車に乗る。
東京に行くときくらいしか、電車に乗らなくなっているから、
なんだか妙な感覚だ。

どうだろう、平日の早朝は「満員電車」なんだろうか。
東京の満員電車は想像を絶するものがあるが、
さすがに、あそこまでは混まないと思うが…。

東京の電車は3分くらいで次の駅に着くが、
岩手はもう少し間がある。
車窓から見える風景も、…まあ説明するまでもないか。

そして車内の掲示物。
東京の電車は広告で埋め尽くされているが、
岩手の電車は真逆。

車内の天井脇は広告のゴールデンスペースだが、
岩手の場合はスッカスカである。
おなじみ「中吊り」も、雑誌やお菓子、マンションの広告なんてものはなく、
ほとんどがJR自身の告知か、せいぜい病院の案内程度。

岩手の人は雑誌を読まない、と思われているのだろうか。

そして最近東京の電車では、
出入り口の上部に液晶ディスプレイが据え付けられており、
行き先や遅延情報のほか、企業からの広告が動画で流されている。
「デジタルサイネージ」というやつだ。

岩手の電車にはそんなものあるわけもなく、
「ワンマン電車の乗り方・降り方」というポスターが掲げられているだけだ。

ワンマン電車=無人駅。
駅員もいない田舎にデジタルサイネージもへったくれもないわけである。

広告の数が極端に少ない岩手の電車。
でも乗客は案外、目のやりどころには困っていると思う。
実は案外、商機が眠っているかもしれませんよ、広告主の方々。

|

« 落語インテリゲンチア | トップページ | 魅力なき野党 »

岩手県」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/55521310

この記事へのトラックバック一覧です: 中吊り、液晶、無人駅:

« 落語インテリゲンチア | トップページ | 魅力なき野党 »