« 「セシウムさん騒動」から1年 | トップページ | Haste Not, Rest Not. »

ニッチをきわめて

今朝放送されたBS-TBSの家電番組「デジタル一番星」で、
東芝の「ファミリーレグザ50G5」が紹介されていた。

何とこの機種のウリは「ゴルフ」。

画面表示のモードに、「ゴルフモード」が搭載されていて、
芝目がくっきり見えるのだという。

番組では、ゴルフ大好きな担当者が、
ゴルフに全く興味のない開発者を説き伏せるくだりが語られていた。

そもそも、ゴルフに特化したテレビなんて…と思うのは当然だろう。
しかしこれが実際に商品化にこぎ着けてしまったわけである。

ただ、50インチの大型テレビを購入する層となれば、
かなりの人数がゴルフもやっているだろう。
そう考えれば、これはなかなかあなどれない。

東芝の担当者は「ニッチをきわめてメジャーに…」と語っていた。

日本のテレビは、家電メーカーは、元気がない。
韓国メーカー、サムスンとLGのキャッチアップにやられっぱなしだからだ。

サムスンやLGは、欧米や日本から人材を引っこ抜いて技術を盗み、
低コスト生産、割り切った戦略で、世界を席巻してきた。

日本はその大胆な手法ができずに負けている。
ならば、残された「技術」で、「ニッチ」に勝負するしかない…
東芝の「ゴルフテレビ」は、その象徴だろう。

もうここまで来たら、もっと極めるべきではないか。

「ファミリーレグザ」では、「ゴルフファンに嬉しい機能」として9つがあげられているが、
正直言って「ゴルフモード」以外は他のデジタルテレビにもある、
目新しくない機能ばかりである。
もっと「ゴルフファン」向けに磨ける部分はいくらでもあるはずだ。

そんな芸当は、汎用的な技術だけで
のさばり始めたにすぎない韓国メーカーにはそうそうできまい。

「ゴルフモード」の説明写真をよく見ると、
画面モードには「テレビアニメ」「レトロアニメ」なるモードまであるようだ。

詳しいことは分からなかったが、
「テレビアニメ」は、現在のデジタル描画されたアニメに、
「レトロアニメ」は昔のセル画に特化した補正を行って、
見やすくするモードのようである。

これぞまさに「アニメ大国」らしいモードではないか
(ついでにいえば「サザエさん」の東芝らしくもある)。

スポーツもエンタメも、韓国が日本以上に
税金をジャブジャブつぎ込んで育成している分野ではあるが、
エンタメ部門ではそろそろ失速感が見え始めている。
韓国もまた追われる立場になるはずだ。

「ニッチ」な分野で足もとをじっくり固めて
また「世界の覇権」を奪い返そうではないか。

お父さん、あなたのお子さんを世界一のゴルフ選手にするために、
一台どうっすか?ゴルフテレビ。

|

« 「セシウムさん騒動」から1年 | トップページ | Haste Not, Rest Not. »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/55404557

この記事へのトラックバック一覧です: ニッチをきわめて:

« 「セシウムさん騒動」から1年 | トップページ | Haste Not, Rest Not. »