« 実はあの人って… | トップページ | 目を見たままのOJIGI »

新聞社の傲慢さ~テレビ欄

きのう買ってきた「毎日新聞」の岩手版。
テレビ欄に目をやると、おかしなことに気づく。

Terebi1

岩手県の番組表はまだいいが、
その脇にある他県の番組表。
なぜこの並び順なのか。
宮城県のテレ朝系、青森県のテレ朝系、
宮城県の日テレ系、秋田県の日テレ系。

県境の人が、他県のテレビを受信できることもあるので、
他県の番組表を併記することはよくあるが、
この4社が選ばれている基準は判然としない。

宮城県はちょうど4局あるので、
それをそのまま載せればいいではないか。

宮城県4局のうち2局だけえり抜かれ、
しかも青森県の放送局をはさんで表記する必要が、
どこにあるのか。
さらに、チャンネル順でも開局順でも、
ミヤギテレビの方が先に来るべきで、
東日本放送が先頭にくるのは理屈に合わない。

おそらく、「毎日新聞社」との関係性で、
この順番、この内容で掲載されることになったんだろう。

ほかに、読売の岩手版の場合は、「ミヤギテレビ」だけが
岩手の4局と同じ大きさで並んでいる。

ミヤギテレビは日テレ系。
読売新聞社との「出資」の関係だろう。

産経は青森・秋田・岩手がテレビ欄をいっしょくたにされ、
3県のテレビを全チャンネル並べているのだが、
NHKを除く民放は以下のように並んでいる。
Terebi2

なんで秋田と岩手だけ「朝日」が下になるんだ?
「2段」と書いたが、これは朝・昼と夜の2段組にして
表記している、という意味である。
まあ、読みにくいことは間違いない。

産経が朝日を嫌うのは分かるが、
これじゃ朝日じゃなくて、読者への嫌がらせだ。

青森県はちゃんと開局順に並んでいる。
なぜ「青森朝日放送」だけきちんと収まっているのか、
というと、どうもフジサンケイグループの資本が入っているからのようだ
(しかし秋田朝日放送のほうが、比率は高いんだが…)。

地元紙・岩手日報もある意味露骨である。
Terebi3

グループ会社である「IBC岩手放送」を先頭=左端に持ってくるため、
「開局順」に並べている。NHKも右端である。

アナログ放送時代からこの並びであるが、
地デジ移行後、チャンネル順ではなくなった。

しかし岩手日報はこの並び方を変えなかった。
旧来の読者としてもこのほうがしっくり来る、というのは
あるかもしれないが、
岩手日報社にとっても、グループ会社の番組表を
誇示するほうが、より大事なのだろう。

読者よりも、新聞社とテレビ局の資本関係のほうが、
新聞社にとっては、大事なんだな。

その関係性、いわゆるクロスオーナーシップに
手を突っ込もうとしたのが「小沢一郎」らしい。
その後、新聞・テレビが小沢をどう扱ったかは、
皆さまご存じのこととは思うが…。

|

« 実はあの人って… | トップページ | 目を見たままのOJIGI »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/55198546

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞社の傲慢さ~テレビ欄:

« 実はあの人って… | トップページ | 目を見たままのOJIGI »