« 目を見たままのOJIGI | トップページ | 朝のイオン »

いじめの構造

神社によってご神体とされている「那智の滝」を登攀したとして、
有名なロッククライマー(「登山家」とはちょっと違うらしい)が
仲間らとともに軽犯罪法違反で逮捕された。

容疑者は「悪いと思ったがやってしまった」と供述している。

テレビで良くある、高層ビルを無許可で登って、
降りてきたところを逮捕されるガイジンの冒険家みたいな感じか。

Twitterではこの容疑者がボロクソに言われている。
そもそも何の犯罪で逮捕されたかもよく分からない連中が、
一斉にバッシングを加えているような状況である。

まあ、言われてもしかたない立場ではあると思うが、
それにしても、山を登っていた人間が一気に転げ落ちたとき、
それを大勢でよってたかって谷に落とそうとする構造は、
昨今かまびすしい「いじめ」を思わせる。

この容疑者の場合、32歳という若さで
「世界的に著名なクライマー」という立場を誇っていたにもかかわらず、
「分かっていながら、無許可でロッククライミングする」という
子供のような行為に及ぶ、というところが、叩かれやすいのだろう。

しかもその場所が「ご神体」とされているような
「神聖な場所」というのがミソで、
「神聖な場所を犯す」という、
麻雀で言うドラがついてしまった。
イーファン追加の満貫だ。

で、ますます叩かれていく。
マスコミもざまあみろ、とばかりの報道を繰り返す。
スポンサーからの契約も「社会人としての意識に欠ける」として
解除されてしまった、という報道も出ている。

このクライマーが「性根入れ替えてやり直す」機会を、
与えてやれないもんだろうか?

完膚無きまで叩きのめして、あげく廃業させれば一丁上がりか?
それは、子供を追い詰めて自殺させた構造に、近くはないか?

何も学校だけじゃない。
「いじめ」はそこかしこに生まれているのだ。

そこのあなたも、いや、私も含めて。

|

« 目を見たままのOJIGI | トップページ | 朝のイオン »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/55226422

この記事へのトラックバック一覧です: いじめの構造:

« 目を見たままのOJIGI | トップページ | 朝のイオン »