« 連続クイズ・ホールドオン!2 | トップページ | 平和な珍提案 »

クールビズを考える

6月1日。衣替えの季節。
「1年の折り返し、とよく言うけど、実際は7月1日だからね」
という、知ったようなことを言う人がTwitter上にあふれたが、
そう思わせるくらい、寒かった冬~春から、夏のような気候に変わった。

テレビを賑わすのは、クールビズに切り替えるお役所の映像。
で、だいたい「まだ肌寒いですけどね」などと言うのである。
環境省などは、多少寒くても、
マスコミ受けを考えて、衣替えを強要されるんだろう。

国家公務員や国会議員がアロハや「かりゆし」を着て
仕事に臨むなんて、10年前は考えられなかった。

昨年からはとくに「節電」を意識させられるようになったが、
それに限らず、「クールビズ」なる言葉が考案され、
徐々に、ホワイトカラーの軽装化が推し進められていった。

いろんな意見がある。
クソ暑いのにネクタイ締めなくてもいいから助かる、という人もいれば、
俺は外回りだからクールビズなんてできねーよ、なんて人も。

みんなで一斉に…というのは日本人の好きな発想であるが、
着たいように着ればいいじゃない、とも思う。

ただ、似合う、似合わないもありますからね。

お腹のデップリと出たオジさんなんかは、
逆にクールビズはだらしなく見える。

お腹が出ているような人は、
ネクタイをして上着を着ることで、なんとなくスッキリ見えるのだ。
それで汗だくになるんじゃ本末転倒だけど…

小太りの中年が、半袖シャツだけを羽織って、
胸元から下着のTシャツをチラチラ見せるのは、
なんともしまりがないものである。

スーパークールビズなんていうのも言われてるけど、
どうなんだろうね。

TシャツOK、ジーンズはダメージでなければOK。
Tシャツなんて、アルバイトの学生じゃないんだから…。

サンダルもOK、とされる。
まあ、お役所なんかはだいぶ前から
サンダル履きで客を応対してるけどね。
それが問題になって、サンダル禁止になったところもあるというのに。

「裸足(素足)にサンダル」のイメージイラストを
掲載しているメディアもあるが、
女性はまあいいとして、
男性はオフィスでハダシはやっぱりマズいだろう。

「ミズノ」は自社用のスポーツサンダルを
「宣伝になるから」とOKにしたようだが、
やはり靴下着用、ということらしく、テレビでは
「五本指ソックス」を着用して、サンダルを履いていた。

ただ、ちょっとマヌケなんだよな…。
五本指ソックスを人に見せるなら、素足の方がまだマシだと思う。

韓国では半ズボンも解禁だとか…
いい年したオジさんのすね毛なんか見たくもないなぁ。

クールビズ、スーパークールビズに反対はしないけど、
過剰な強要はやめてほしいし、
だらしなく見える人は、やらない方がいいと思うんだよねー。

クーラーやエアコンをガンガンかけろ、
とかそういう話ではない。
節電はしないといけないと思うけど…
どうでしょうか。

|

« 連続クイズ・ホールドオン!2 | トップページ | 平和な珍提案 »

「ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/54872537

この記事へのトラックバック一覧です: クールビズを考える:

« 連続クイズ・ホールドオン!2 | トップページ | 平和な珍提案 »