« ザ・浅草芸人 中二階の男 チャンス青木 | トップページ | 連続クイズ・ホールドオン!2 »

被災地を見てくれ

東日本大震災の被災地から出た瓦礫の試験処理をしようした
北九州の施設で妨害される事例や、
エキセントリックな言動を繰り返している桐生市の市議など、
「絆ブーム」はなんだったんだ、という動きがまたぞろ活発化している。
またぞろ、というか、今まで綿々と続いていた、というべきか。

しかも、松山市の小学校で予定されていた
北九州への修学旅行が、保護者の抗議で延期される、
なんていう、風評の風評みたいな事例も出てきた。

被災地のことなどそっちのけ、ただただ放射能を怖がるだけ。
安全だ、問題ない、と説明しても、聞く耳を持とうとしない。
この数値を見て下さい、といえば、「その数値が信用できない」
「計測装置が怪しい」と言い出す。

被災地の復興など知らない、そっちで勝手にやってくれ、
処理してくれ、という人たちなのだろう。

まあ、我々被災県は「お願い」するしかない立場。
「知らねーよバカ」「バッチイんだよ、あっち行け」と言われればそれまでである。

岩手大の准教授のメッセージが話題になっている。
「広域処理に反対するなら、被災地での処理にも反対してほしい」
「被災地を自分の目で見て、自分の言葉で語ってほしい」

被災地のことを「オレには関係ない」と思っている人は、
こんなことに、思いが至るだろうか?
所詮、他人事だから好き勝手言えるのではないか?

見ず知らずの土地に乗り込んでいって
「ガレキを燃やすなーー!」と叫んでみせたり、
赤ん坊をベビーカーに乗せて、
「我が子を放射能にさらすんですか!」と情に訴えてみせたり。

他人や自分の子を思いやっているように見えて、
結局、そんなことをしている自分が可愛いだけではないのですか?

安心だ、という情報に耳を貸さず、
他人も巻き込んで不安の波を拡げていくことに、
良心の呵責はないのか?

何もこっちだって不安がないわけじゃない。
放射能は怖い。

だけど、必要以上に怖がる余裕もないのだ。

あなたたち、余裕あるじゃないですか?
そんなパフォーマンスしてるくらいなら。

被災地で撮った写真をお見せする。
つい1ヶ月前の写真だ。

1205a

1205b

1205c

情に訴えたいんじゃない。
これが、真実なのだ。

被災地を自分の目で、見てみてほしい。
パフォーマンスをするのは、それからだ。

|

« ザ・浅草芸人 中二階の男 チャンス青木 | トップページ | 連続クイズ・ホールドオン!2 »

「ニュース」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/54845389

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地を見てくれ:

« ザ・浅草芸人 中二階の男 チャンス青木 | トップページ | 連続クイズ・ホールドオン!2 »