« 東北六魂祭 | トップページ | 被災地を見てくれ »

ザ・浅草芸人 中二階の男 チャンス青木

Chanceaoki


ザ・浅草芸人 中二階の男 チャンス青木

山中伊知郎・著、山中企画発行。
奥付によると本日が発売日である。

タイトル通り「チャンス青木」について書かれたものである。

漫才のナイツが、ネタで「青木チャンス師匠が、チャンス青木師匠に改名したのは
浅草のビッグニュースだった」なんていう小噺を繰り出すのを、
聞いたことがある人もいると思う。
この本の主人公こそ、その漫談師「チャンス青木」である。

はっきり言って「浅草でくすぶる無名芸人」の一人だ。

あのビートたけしとほぼ同期。
芸歴だけは妙に長いが、売れたためしがない…
芸能界にはそんな人はごまんといる。
華やかばかりではないのだ。

この本は、チャンス青木がなぜ売れないか、の理由を羅列したようなものだ。

面倒見はいい。先輩からも「青ちゃん」と呼ばれて親しまれる。
生来の堅い性格から、現在の漫才協会の事務方まで務めたこともある。

しかし自らの芸は不器用で、柔軟性がない。
漫才コンビを結成しては早々に解散することを繰り返しており、
そんな自分の「失敗」を、後輩には経験させまい、と、
舞台上でも自分のウケはそっちのけで、後輩のPRに余念がない。

大御所風を吹かせることもなく、
後輩からいじられることもいとわない。
芸人たちからは愛されていて
酒の席では大いに笑いを取るが、これが客の前ではさっぱり…。

要するに「楽屋番長」タイプなのだ。(*)
青木のことは、この本を読んでもらうこととして…。

で、著者の山中伊知郎である。

早稲田を出て脚本家の仲間入り。「噂の刑事トミーとマツ」などで台本を書く。
その後、放送作家兼ライター(著述家)に転身し、ラジオレポーターなども経験。
著書は、ゴーストなどで関わった書籍も加えれば100を上回るという。

裏方としてお笑いの世界にも飛び込み、その迫力ある容貌を買われ「表方」として、
関根勤のお笑い劇団「カンコンキンシアター」のメンバーだった時期もある。
「イッチー」と呼ばれ、ファンからは親しまれた。

 * 「楽屋番長」チャンス青木は、山中が「カンコンキン」でかつて共演し、
  著書の題材にしたこともある俳優「剛州」に通底するものがある。
  剛州は「楽屋番長」というより「内弁慶」に近いが…。

その関根の所属する大手事務所「浅井企画」とのパイプができ、
お笑いセミナー講師なども務める。

その卒業生の受け皿とすべく、芸能事務所として立ち上げたのが、
この書籍の版元、「山中企画」である。

うまくいけば、売れっ子ばかりの芸能事務所になるはずだった。

しかし「とっこねぇ」「デニッシュ」「波照間てるこ。」など、
山中が魂込めて育て上げた芸人は、どれもこれも鳴かず飛ばず。

売れっ子を輩出することなく、移籍や廃業が相次ぐ。
現在、山中企画は「Theかれー王」なる“カレー店経営者兼タレント”を、
細々とマネージメントしているだけである。

それだけでは収益が出ないので、本書のような書籍出版事業もはじめた、
というわけだ。その割には、売れそうもない題材を選んでくるあたり、
「やりたいことをやる」山中の姿勢の表れだろう。

本書で山中は、チャンス青木を自らと重ね合わせている。
どちらも、「好きな仕事」を、儲からないといいつつ、やめずに続けている。
“チャンス”の前髪をつかみ損ねた、というところも同じ。

いや、正確に言えば、これからチャンスがまだあるんだ、と、
心のどこかで信じて、好きな仕事を続けている、と言った方がいいだろうか。

巻末にも書かれているとおり、
本書の取材を山中が進めている最中に、
チャンス青木は残念ながら病に倒れる。
現在も高座に上がれない状態という。
予定していた出版パーティも、延期したそうだ。

やはりチャンスは、もうないのか…
いや、そんなことはないはずだ。

山中も、ブログで毎日のように「入れ歯が合わない」
「景気が悪い」など、マイナスな言葉を繰り返しつぶやいている。
あげく、書評だけをアップするブログでは「理想の死に方」まで語る始末。

しかし、心のどこかでは「まだどこかにチャンスがある」と思っているはずなのだ。
そうでなかったら、こんな本を発行することもあるまい。

誰の前でも、チャンスの神様がいつかは目を覚ますのだ。

(追記1) 5/31
著者ご本人からコメント頂く。恐縮。
出版パーティーは行っておらず延期したとのこと。
勘違いであった。本文修正済み。失礼しました。

(追記2) 5/31
某有名タレントがTwitterで当記事をご紹介、
アクセスが増えた。
願わくは、著者が望むように、チャンス青木ご本人が元気になって、
メディアにも顔を出してくれることだ。

(追記3)8/23
日経新聞で、漫談家「風呂わく三」が
浅草芸人の代表として、チャンス青木を紹介していた。
どちらかというと「バカウケ芸人」として伝えていた。
ただ、「愛される芸人」という描き方では山中の著書と一致している。

|

« 東北六魂祭 | トップページ | 被災地を見てくれ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

本の紹介、ありがとうございます。
確かにはっきり言って、まともにいけば売れる本ではありません。
それを出した私の神経も、自分ながらちょっと疑います。
ちなみに、出版パーティーは、「行われた」のではなく、「延期になった」のです。

投稿: 山中伊知郎 | 2012.05.31 15:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/54832862

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・浅草芸人 中二階の男 チャンス青木:

« 東北六魂祭 | トップページ | 被災地を見てくれ »