« OPK | トップページ | 落語界の雪解け »

どうなる盛岡中三

デパート・中三の盛岡店は昨年の震災後に爆発事故を起こし、
以後休店。本体である中三(青森市)が民事再生法を申請したあと、
宙ぶらりんになっていたが、
新運営者「マイルストーンターンアラウンドマネジメント」の運営も決まり、
いよいよ、今秋の再開に向け、事態が動き始めている。

当初は春の開店を目指していたが、
爆発事故による検証に手間取ったのと、
床にあいた陥没部の復旧に時間がかかっている模様。

現在も盛岡店の建物、および人的資産は中三が保有しているが、
これらを新しい会社に分割してマイル社が譲り受ける形となる。
当初は低層階をオープンさせ、ニーズが高い食品を中心に扱う。
その後、旧中三盛岡店の建物全部をオープンさせる予定という。
店名については、「中三」の名称は当然使わず、全く新しい名前になると思われる。

…と、これがここまでの動きである。
爆発事故が起こったのが昨年3月。
マイル社がオープン時期としているのは今年9月。
1年半の空白か…長いものだ。

全館オープンも、正直厳しそうな気はする。
中三運営時代も、食品フロアでさえきつそうで、
上に行けば行くほど運営は厳しそうだった。

建物は老朽化し(しかも事故で一回傷ついている)、
周辺の肴町商店街も、客層の高齢化が進む。
若い客は郊外に足が向く。
これをどうさばくか。

地域ニーズを重視して高齢者向けにするのか、
都心回帰を期待して若者も取り込むか…

いずれ、食品購入のニーズはあるだろう。
周囲にはこれといったスーパーもない。

旧中三の復活は、盛岡市にとっての一大転機となるはず。
一時は立て替え計画も起こったバスセンターなど、
周辺地域の動きも気になるところである。

|

« OPK | トップページ | 落語界の雪解け »

「小売業」カテゴリの記事

盛岡市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/54465216

この記事へのトラックバック一覧です: どうなる盛岡中三:

« OPK | トップページ | 落語界の雪解け »