« ジョイス、アークス傘下へ | トップページ | これが21世紀だ »

ありがとうの極意

よく、テレビやラジオで、司会やアナウンサーが
専門家に見解や意見を聞く様子がみられるが、
その最後に、司会が「ありがとうございました」と言うと、
専門家のほうも「ありがとうございました」と返すことが多い。

これっておかしくないだろうか?

専門家は意見を言うために「呼ばれた」「来ていただいた」
お客さまの立場であり、感謝されるのは当然である。

しかし、その感謝される側が「ありがとう」というのは、
変じゃないか、と思うのだ。

専門家側が言う「ありがとう」は、
どういう意味の「ありがとう」なのか。

1)「ありがとう」に対する「ありがとう」、なのか。
2)単なる相づち、なのか。

3)テレビやラジオという「メディア」なのだから、
視聴者に対する「(聞いていただいて)ありがとう」、
…これも変だな。大体は司会者に向けて言ってる言葉だし。
やっぱり、1か2?

というより、1でも2でも3でもなく、
4)「薄謝」をいただける「ありがとう」に感じてしまうのだ。
だから違和感を覚えるのだな。

いずれにしても、「どういたしまして」とか、
「失礼しました」くらいでいいんじゃないだろうか?

なんでもかんでも「すみません」「ごめん」「ありがとう」
で済ませられるのは、日本語のよいところだが、
悪いところでもあると思う。

|

« ジョイス、アークス傘下へ | トップページ | これが21世紀だ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/54542973

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとうの極意:

« ジョイス、アークス傘下へ | トップページ | これが21世紀だ »