« 番組収録で大けが | トップページ | 立川談志の正体~愛憎相克的落語家師弟論~ »

すべらない話

今年もじゃんじゃん雪が降った。
…といっても日本海側の方々には申し訳ない量にすぎないのだが。

関東地方なぞ、チョコケーキの上にまぶす粉砂糖くらいしか降ってないのに、
キー局の報道番組は上を下への大騒ぎ。
全国ネットで「首都混乱」をたっぷり時間を取って伝えた。

正直、首都のことについては日本の一大事でもあるし、
キー局が騒ぐのはしょうがないと思う。
最終的に、日本中が雪で混乱したわけだし。

我々北国の視聴者にとっては、普段田舎者を嘲笑する首都市民を
「その程度の雪でなんだ」とバカにする余地はできたわけで。

はてさて、そんな北国は連日最高気温が0度を上回らない日が続く。
その寒さのピークももう少しで過ぎ去ろうとしているが、
最低気温はマイナス10度より下がる日も続き、
すっかり寒さにも慣れてしまった。

そうなると心配なのは道路状況。
車の運転には気をつけたい。

盛岡の場合、国道クラスでは案外除雪はしっかりされているのだが、
住宅街などに入ると一転してコチコチ。
轍にハマってスピン、ということもあるので要注意だ。

軽自動車を運転していて、轍にハマれずすべって、反対車線に入り込んで
あわや正面衝突、という経験がある。軽自動車ユーザーは要注意である。

この期に及んでチャリンコを運転する学生やオバチャンも多い。

まあ、自動車を運転できないのだからしょうがないとは思うが、
あらぬタイミングで接触などすれば自動車運転手の過失100%、
ということにもされかねないので、注意されたい。
(正直言えば「チャリンコ乗るなよ」なのだが…)

しかし一番怖いのは歩行時。
今年あなたは何回すべっただろうか?

かくいう自分はまだ0回。
まあいつ「初滑り」をするか、時間の問題とは思うが…

すべらないコツは、とにかく用心すること、これに尽きる。
油断するからすべるのだ。

特にもコワイのは、踏みしめられて凍ったあとに雪が降った状態。
雪はすべりにくいと思っていると、その下にある氷ですべるのだ。
コワイこわい。

そろりそろりと歩くことも大切だが、
歩き方も工夫が要る。腰を落として重心を低くすること。
用心すれば自然とそのような歩き方になるとは思うが。

全身でバランスを取ることも大切。
片足がすべっても、もう片足がすべらなければ、体勢を崩さない。

転んでシリモチくらいならいいが、頭でも打った日には大変だ。
ズボンが破けたりすることもある。それこそお尻が破けたら一大事である。

春が来るまで気をつけて歩くことである。
北国に住む者の義務である。

|

« 番組収録で大けが | トップページ | 立川談志の正体~愛憎相克的落語家師弟論~ »

岩手県」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

盛岡市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/53897743

この記事へのトラックバック一覧です: すべらない話:

« 番組収録で大けが | トップページ | 立川談志の正体~愛憎相克的落語家師弟論~ »