« 筋書き | トップページ | 番組収録で大けが »

この国を憂う

何の後ろ盾もない男の、酒場の与太話と思ってほしい。

この日本を覆う閉塞感は何なのか。

震災後、いっこうに進まぬ復興。
どこも瓦礫の受け入れすらしてくれない。
原発問題は収束してる、してないの言い合いばかり。

原発止めろ、と正義面して言ってる奴ら、
どこをどう切っても経済音痴にしか見えない。
人を説き伏せようとする前に自分の愚かさを恥じろ、と。
(もちろん同じことは自分にも言うんだけどさ)

日本が誇るものづくりも衰退の色。
貿易赤字がそれを示している。

ソニーもシャープも大赤字。
スマートフォンはサムスン、テレビはLG。
アメリカではトヨタよりもヒュンダイの車が売れている。

韓国はエンタメでも世界を席巻。
日本人が苦し紛れに「国策アイドル」と揶揄しても、
世界の評価は変わらない。

日本を引っ張るべき政治は内々でもめている。
民主はもたつくばかりだし、自民は政権に戻りたいだけ。
どっちも無能。

こんな世の中じゃ、将来への希望も持てない。
バブルの頃のあの根拠なきイケイケ感はなんだったのか。

あのころ足蹴にしていた中国や韓国が、
いま日本を憐れみの目で見つめながら、
札束を数えているのだ。

「日本には内部留保があるから大丈夫だ」…
そんなことをもう10年くらい聞かされているが、
状況は悪化するばかり。

憂えているばかりじゃ何も進まない。
進まないのは分かっているけどさ、
きょうはちょっと、言わせてほしかったのさ。

|

« 筋書き | トップページ | 番組収録で大けが »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17134/53887631

この記事へのトラックバック一覧です: この国を憂う:

« 筋書き | トップページ | 番組収録で大けが »